トップページ > 日記 > FX初心者が月1万円を稼ぐために必要な投資資金はいくら?【にわかトレーダーのコツコツFXブログ】
FX初心者が月1万円を稼ぐために必要な投資資金はいくら?【にわかトレーダーのコツコツFXブログ】
日記

今回のにわかトレーダーのコツコツFXブログでは、FX初心者が、月1万円くらいのお金を無理なく稼ぐために必要な投資資金はいくらくらい必要なのかについてわかりやすく紹介していきます。

はじめに、FX初心者が、月1万円くらいのお金を無理なく稼ぐために必要な投資資金は、10万円以上の元手があれば現実的に十分可能であると筆者は考えています。

この理由につきましては、本ブログの中で、筆者が実際にリアルトレードを行ったトレードノートを根拠としてわかりやすく紹介します。

実際のところ、FXに長けている人の中には、もっと少ない元手でも十分可能と言われる人も多いと思いますが、これは、人によって異なる「トレードスタイル(トレード手法)」や「考え方」による違いと言えます。

そのため、あくまでも今回ご紹介する内容は、にわかFXトレーダーである筆者のトレードスタイルや考え方を基にした内容となるものの、FX初心者の人で、毎月1万円くらいのお金を無理なくコツコツ稼ぎたいと考えている人にとっては参考になると思われます。

なお、今回紹介する内容は、FXのトレードスタイルは「スイングトレード」、FX口座は「日本国内のFX口座」を活用したものとしますので、あらかじめご留意ください

FX初心者が月1万円くらいのお金を稼ぐために必要なこと

あくまでも筆者個人の主観となりますが、おそらく、FXで月1万円くらいのお金を稼ぎたいと考えている人の多くは、まだFXを始めて間もない初心者の人が多いと考えています。

そこで、まずは、FX初心者が月1万円くらいのお金を稼ぐために必要なことを大まかに紹介しておきたいと思います。

預託証拠金が多ければ多い程、稼ぎやすい

FX初心者が月1万円くらいのお金を稼ぐために必要なことの1つ目として、預託証拠金が多ければ多い程、稼ぎやすいことがあげられます。

ここで言う「預託証拠金」とは、FXトレードを行うための元手の投資資金にあたり、預託証拠金が多ければ多い程、大きな取引を行うことができます。

したがって、月1万円くらいのお金を稼ぐのであれば、預託証拠金が多い程、無理をせずに目標が達成しやすいことにつながります。

本ページの冒頭では、月1万円くらいのお金を無理なく稼ぐために必要な投資資金は、10万円以上の元手があれば現実的に十分可能であるとお伝えしました。

この投資資金にあたる預託証拠金が、20万円や30万円などのように、多ければ多い程、月1万円のお金を無理なく稼ぎやすくなるといったイメージとなります。

預託証拠金が多ければ多い程、安全で安定したトレードが行える

FX初心者が月1万円くらいのお金を稼ぐために必要なことの2つ目として、預託証拠金が多ければ多い程、安全で安定したトレードを行えることがあげられます。

日本国内にあるFX会社によって、取り扱いはそれぞれ異なるのですが、実際にFX口座へ入金した投資資金(預託証拠金)よりも多くの含み損を抱えてしまった場合、FXトレーダーの安全を考慮して「強制ロスカット」の手続きをされてしまう場合があります。

仮に、強制ロスカットをされてしまいますと、投資資金の大半を失います。(やり直しや待ったはききません)

そのため、強制ロスカットをより確実に避けるためには、余裕を持った投資資金(預託証拠金)でFXトレードを行い、無理のない範囲でトレードを行わなければなりません。

なお、FX初心者がリアルトレードを行う場合、ご自身が口座開設したFX会社では、どのようになったら強制ロスカットになるのか、追証が発生するのかといったルールは必ずあらかじめ確認しておくようにして下さい。

本ページの冒頭では、月1万円くらいのお金を無理なく稼ぐために必要な投資資金は、10万円以上の元手があれば現実的に十分可能であるとお伝えしました。

ここで、投資資金(預託証拠金)を10万円以上と明記した理由には、強制ロスカットを避け、安全で安定したFXトレードを行うためのものとした理由もあるからです。

FXで月1万円のお金を稼ぐのに必要な獲得pips数を知る

FX初心者が月1万円くらいのお金を稼ぐために必要なことの3つ目として、FXで月1万円のお金を稼ぐのに必要な獲得pips数を知ることがあげられます。

pips(ピップス)とは、FX取引によって使用される共通の単位のことを言い、具体的なイメージは、以下の通りです。

出典 インヴァスト証券 【共通】Pipsとはなんですか?より引用

まずもって重要なポイントは、通貨ペアが対日本円なのか、対米ドルなのかなどによって、pipsの単位が異なるところにあります。

たとえば、上記図を見ますと、米ドル/円では、「1pips=0.01円(1銭)」とされることから、為替レートが123.456円から123.476円に値動きした時、2pips動いたことがわかります。

つまり、為替レートの小数点以下第2位の値が「1」動くことによって、1pipsに対するお金が増減するといったことになります。

一方、上記図のユーロ/米ドルでは、「1pips=0.0001米ドル」とされることから、為替レートが1.23456円から1.23476円に値動きした時、2pips動いたことがわかります。

こちらは、為替レートの小数点以下第4位の値が「1」動くことによって、1pipsに対するお金が増減するといったことになります。

このように、FXで取引する通貨ペアによって、pips単位が異なることをまずもって知っておく必要があります。

では、実際に、FXで月1万円のお金を稼ぐのに必要な獲得pips数とはどのくらいなのでしょう?

FXの損益は、取引lot数と獲得pipsを乗じた金額で決定される

FXの損益は、基本的に取引lot数と獲得pipsを乗じた金額で決定され、具体的に、FXで月1万円のお金を稼ぐのに必要な獲得pips数は以下の通りです。

なお、0.1lot(1,000通貨)あたりに値動きする1pipsの損益は10円値動きするものとして表記します。

0.1lotの場合:1,000pips(1pipsあたりの損益10円)

0.5lotの場合:200pips(1pipsあたりの損益50円)

1lotの場合:100pips(1pipsあたりの損益100円)

2lotの場合:50pips(1pipsあたりの損益200円)

上記を見ますと、取引lot数が多い程、目標としている月1万円のお金を稼ぎやすいことがわかります。

筆者のFXトレードノートから月1万円のお金を稼ぐことを考察してみる

前項の内容を踏まえまして、ここでは、筆者のFXトレードノートから月1万円のお金を稼ぐことを考察してみたいと思います。

なお、今回紹介するFXトレードノートは、2020年7月度におけるものとし、以下、公開しているトレードノートの内容を引用して紹介するものとします。

にわかトレーダーのコツコツFXブログ【2020年7月度におけるトレードノートの公開と検証記録】

1つ目の考察【月1万円を稼ぐためには10万円以上の投資資金は準備しておきたい】

上記画像は、にわかFXトレーダーである筆者の2020年7月度におけるトレード結果です。

これを見ますと、7月単月で、総獲得pips数が447.7pipsであることが確認でき、これをlot数と金額に置き換えると以下のように計算されます。

なお、0.1lot(1,000通貨)あたりに値動きする1pipsの損益は10円値動きするものとして表記し、すべて同じlotでポジションのエントリーをしたものとします。

・0.1lotの場合:447.7pips×10円=4,477円

・0.5lotの場合:447.7pips×50円=22,385円

・1lotの場合:447.7pips×100円=44,770円

・2lotの場合:447.7pips×200円=89,540円

月1万円を稼ぐためには、0.1lotでは目標を達成できなかったことがわかり、合わせて、少なくとも0.3lot以上でなければ月1万円を稼ぐことができなかったことになります。

この時、トレード結果を見ると、同じ通貨ペアに対して複数のポジションを持ち「ナンピン」や「ピラミッティング(増し玉)」と呼ばれるトレード技術を活用していることも確認できます。

筆者は、これらのトレード技術を活用して、より多くのpipsを獲得したり、損失を少なくするような対策を行っているわけですが、複数のポジションを保有するためには、投資資金(預託証拠金)に余裕を持たせておかなければなりません。

にわかトレーダーのコツコツFXブログ【FX初心者が知っておきたいナンピンとナンピンの活用方法とは】

10万円以上の投資資金(預託証拠金)があれば、少額のlotで複数ポジションを持てることになるため、ナンピンやピラミッティング(増し玉)を適宜、活用することで、より目標を達成しやすくなると考えられます。

2つ目の考察【10万円の投資資金(預託証拠金)で月2万円を稼ぐことも可能】

前項のトレード結果をもう一度見てみますと、10万円の投資資金(預託証拠金)で月2万円を稼ぐことも可能であることが確認できます。

・0.1lotの場合:447.7pips×10円=4,477円

・0.5lotの場合:447.7pips×50円=22,385円

その一方、10万円の投資資金(預託証拠金)で、1lotのポジションを複数保有したり、2lotのポジションを持つことは強制ロスカットのリスクが極めて高くなるためおすすめできるものではありません。

そのため、月3万円以上などのように、1lotや2lotで得られるお金を目標とする場合、10万円では足りず、それ以上の投資資金(預託証拠金)を準備しておく必要があると言えます。

3つ目の考察【月1万円のお金を稼ぐのに適した通貨ペアとは】

そもそもFXでお金を稼ぐためには、以下の考え方に沿っている必要があると筆者は考えています。

1.少額のlotで多くのpipsを獲得する

2.大きなlotで少ないpipsを数多く獲得する

3.損失をできる限り小さく抑える

3につきましては、FXにおいて、どの通貨ペアを選んだとしても共通して言えることは確かです。

ちなみに、筆者は、FX口座を複数保有しており、1の方法と2の方法は、FX口座によって使い分けています。(分散投資をしている)

少額のlotで多くのpipsを獲得するのに適した通貨ペア

少額のlotで多くのpipsを獲得するには、ボラティリティが高い通貨ペアを選んでトレードするのが望ましいと考えています。

ボラティリティとは、一定期間における値動きの幅を言い、ざっくり申し上げますと、ボラティリティが高い通貨ペアとは、為替相場の値動きが荒い通貨ペアのことです。

ボラティリティが高い通貨ペアの代表格は、ポンドが絡む通貨ぺアにあたり、たとえ、少額のlotであったとしても、1日で5千円から1万円の利益を得ることも現実的に可能です。

ただし、言うまでもなく、リスクとリターンは表裏一体であるため、1日で5千円から1万円の利益を得られる可能性があるということは、逆に同額の損失を被る場合があることも理解しておかなくてはなりません。

大きなlotで少ないpipsを数多く獲得するのに適した通貨ペア

大きなlotで少ないpipsを獲得するには、投資資金(預託証拠金)が少なくて済む通貨ペアを選んでトレードするのが望ましいと考えています。

たとえば、メキシコペソ・南アフリカランド・トルコリラなどの高金利通貨が代表格と言えます。

ただし、これらの通貨ペアは、他の通貨ペアに比べて流動性が低いほか、FX初心者の内からトレードするのはあまりおすすめできません。

そのため、まずは、少額のlotで多くの通貨ペアを試し、トレードに慣れてきてから、これらの通貨ペアを活用されてみるのが望ましいでしょう。

なお、月1万円に固執せず、スワップポイントを獲得しながら生活費などのお金を稼ぎたいと考えている人は、以下、スワップポイントを活用した記事も合わせて読み進めていただくことで、ご自身が思い描いている理想のFXトレードが発見できるかもしれません。

にわかトレーダーのコツコツFXブログ【FX初心者がスワップポイントで生活費の一部を稼ぐ考え方とは】

月1万円を稼ぐことを【長期の資産運用】と考えてみることをおすすめ

筆者は、FXトレードを長期の資産運用として考えてみることをおすすめしています。

この理由は、流動性が最も高い現金をいつでも得られる収入源を確保することができるようになるためと考えているからです。

FXは、最初から思い描いたようにお金を稼げるものでは残念ながらありません。

しかしながら、成功と失敗を繰り返しながら、FXで収入源を確保できるトレードスキルを身に付けられた時、それは、現在のライフプランニングや将来のリタイアメントプランニングを考えた場合に、有利に働くことは確かだと本業の独立系ファイナンシャルプランナー(FP)として感じています。

また、月1万円のお金を稼ぐトレードスキルを身に付けられるということは、投資資金(預託証拠金)を増やして月1万円以上のお金を得られるトレードスキルを身に付けられたことにもつながるはずです。

新型コロナウィルスをはじめとした不測の事態が将来起こってしまった時、自分自身や世帯全体の家計をどのように守る必要があるのか、その術はあるのか、FXで資産運用や資産形成することを以下記事を通じて考えてみるのも良いのではないでしょうか。

にわかトレーダーのコツコツFXブログ【FXで資産運用や資産形成することを独立系FPの立場で考えてみる】

FXで長期の資産運用を成功させるためには

FXで長期の資産運用を成功させるためには、FXの勉強・経験・過去検証を継続して行っていく必要があります。

仮に、FX初心者の人で、できる限り早い段階で結果を求めているのであれば、独学で勉強するよりも、FXセミナーやFX講習を受けてきめ細かい指導を受けられるのも良いでしょう。

ただ、FXを勉強するのに独学を選んだ場合、出費は抑えられる一方、いつまでも負けトレーダーから抜け出せないリスクやおかしな情報商材にひっかかるリスクもあるでしょう。

これらには、細心の注意を払った上で、ご自身にとって、どのようなスタイルが適当なのかしっかりと考えておきたいものです。

おわりに

今回のにわかトレーダーのコツコツFXブログでは、FX初心者が、月1万円くらいのお金を無理なく稼ぐために必要な投資資金はいくらくらい必要なのかについてわかりやすく紹介させていただきました。

FXで月1万円のお金を稼ぐためには、FXの投資資金にあたる預託証拠金に多くの余力があればある程、稼ぎやすくなることは確かです。

また、FX初心者であったとしても、預託証拠金に多くの余力があればある程、月1万円に限らず、月2万円や月3万円といったお金を稼ぐことも現実的に可能です。

ただし、FXを「長期の資産運用」といった側面から考えた時、月1万円や月3万円などのように、金額へ固執するよりも、月単位や年単位などを通じて、安定して利益を上げ続けていけるような無理をしないFXトレードを心がけることが大切です。

なぜならば、少額の利益であったとしても、長い期間をかけてコツコツ利益を積み上げていきますと、知らず知らずのうちに大きなお金になっているからです。

また、安定して利益を上げ続けていけるFXトレードのスキルを身に付けられることは、現在のライフプランニングや将来のリタイアメントプランニングを考えた時、ご自身の貴重な財産になることは言うまでもないでしょう。

目先の月1万円も大切ですが、FXを長期の資産運用で考えた時の可能性を再度振り返り、FXの勉強や経験をはじめ、いかに大切なお金を失わないでFXトレードを継続していくことができるのかを考えると、月1万円のお金よりも、もっと多くのお金を得られるためのヒントが見つかるものと筆者は考えます。

最後に、筆者が「にわかトレーダーのコツコツFXブログ」で、実際に資産運用を行い、リアルトレードで使っているFX口座は、以下のリンクから新規口座開設が行えます。

少額のお金でFXを始められ、かつ、10万円の投資資金で、月1万円以上のお金を稼ぐことも決して無理なことではないことを本ページの内容からもご理解いただけたと思います。

もちろん、新規FX口座開設は無料で行えるため、まずは、月1万円のお金を毎月安定して稼ぐための第一歩をここから踏み出してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク
スポンサーリンク