トップページ > 日記 > にわかトレーダーのコツコツFXブログ【2020年7月度におけるトレードノートの公開と検証記録】
にわかトレーダーのコツコツFXブログ【2020年7月度におけるトレードノートの公開と検証記録】
日記

今回のにわかトレーダーのコツコツFXブログでは、2020年7月度におけるトレードノートを自分自身の検証記録として公開していきます。

はじめに、トレードノートを公開するにあたり、主な留意点を以下まとめます。

・トレードスタイルは、基本的にスイングトレードです

・FXトレードの損益は、1ヶ月分の単月とし、pipsのみを表記しています

・トレード結果は、FX会社が提供している単月の約定履歴をダウンロードし、必要な部分を加工修正し画像表記しています

巷では、FXブログでトレードノートを付け、そこで公開しているトレード結果は、偽ったりして良く見せることができると言われています。

確かに、その通りなのですが、わざわざトレード結果を偽ってまでブログに公開するメリットは筆者にとってどこにもありませんし、そもそも時間の無駄です。

しかしながら、様々な考えをお持ちのユーザーの皆さまがおられることも確かですので、トレード結果の信憑性につきましては、ご自身の判断で見ていただけます様、お願い致します。

2020年7月度におけるトレード結果と検証記録

まずは、にわかFXトレーダーである筆者の2020年7月度におけるトレード結果を紹介します。

トレード結果の水色は、新規「売り」でのポジションエントリー、オレンジ色は、新規「買い」でのポジションエントリーを表しています。

トレード結果より、2020年7月は、ポジションのエントリー回数が7回、合計獲得pips数は447.7pipsという結果になりました。

改めて振り返ってみますと、個人的には、もうちょっといけたかな?と率直に感じているのですが、検証記録を綴っていく前にユーザーの皆さんに、ぜひ、一度見ていただきたい動画があります。

以下、FXの有益な情報をYouTubeで発信している「ささっち」さんの動画になりますが、この動画(約14分)を一度見ていただいた前提で、検証記録を綴っていきます。

自分の中でのポジションのエントリーチャンス(機会)を活かせたトレードができた

動画の中で、FXで勝つためには、ポジションのエントリーチャンス(機会)を活かすことに触れています。

筆者のトレード結果を見てもお分かりのように、ポジションのエントリー回数は月に7回と決して多くはないのですが、1回のトレードで決済した時のpips数は全体的に大きいことが確認できます。

これは、いわゆる損小利大のトレードを行うことができたと見ることもでき、かつ、マイナスのトレードは基本的になかったことも確認できます。

(ニュージーランドドル/円で-33.6pipsの決済があるのですが、ナンピンしたことによって得た55.8pipsのポジションと相殺すると結果はプラスです)

無駄なトレードを行わずに、自分の中でのポジションエントリーチャンスを活かし、かつ、高い勝率であったことが良い結果に結びついたと考えられます。

将来的に期待値の高い(優位性のある)ポジションをエントリーすることができた

上記のトレード結果を見ますと、7月15日に買いでエントリーした「カナダドル/円」を7月20日に決済し、13.6pipsを獲得しています。

時間をかけた割には少ないpipsしか獲得できませんでしたが、7月20日のチャートを見たところ、「カナダドル/円」よりも「ポンド/円」の方が将来的に期待値の高い(優位性のある)ポジションになりそうだと判断しました。

加えて、当初想定していた「カナダドル/円」の期待値が自分の中では低下していき、このままポジションを保有しておくことは、あまり良い方向へ進まないのではないかと感じたことから、少ないpipsであったとしてもいったん利益確定させ、より期待値の高いポジションをエントリーしました。

結果、7月20日に買いでエントリーした「ポンド/円」は、7月22日に決済し、144.8pipsを獲得しています。

(一時200pipsの含み益が生じ、もっと伸びそうと判断していましたが、思ったような方向にいかなかったため、いったん決済して仕切り直しました)

結果論よりも自分のトレード判断を貫く大切さ

実のところ、決済した「カナダドル/円」のポジション(7月15日エントリー)やマイナスで決済した「ニュージーランドドル/円」のポジション(7月2日決済)は、決済した後の数日間で、結果として利益が伸びることになりました。

しかしながら、あくまでもこれは結果論であり、FXトレードを行っている以上、どうしてもこのようなことは避けて通れません。

過去の結果は、結果論に過ぎず、そもそも今後どのような値動きをするのかわからないからこそ、今、置かれているチャート状況などを踏まえて、より期待値の高い選択や合理的な投資判断の選択が望まれることになると改めて感じています。(たらればの過去の話をいつまでも引きずらない)

会社員・公務員・アルバイト・専業主婦・個人事業主などはスイングトレードを試す価値はある

先に紹介した動画の中では、「時間を有効活用する」ことについても触れておりますが、たとえば、会社員・公務員・アルバイト・専業主婦・個人事業主などの職業に就いている人は、時間が拘束されてしまう場合が多いと思います。

しかしながら、FXにおいて、時間を多く費やしたり、1日中、チャートとにらめっこする必要はなく、要所のポイント(機会)を狙ってポジションエントリーすることで、コツコツお金を増やしていくことは十分可能です。

また、本業である独立系ファイナンシャルプランナー(FP)という立場でお伝えさせていただきますと、与えられている時間にやらなければならないことを行っている間の時間も効率よくお金に働いてもらえるところはFXの魅力の1つであるとも言え、長期投資で資産運用を考える際に大切な考え方の1つと言えます。

このような理由から、会社員・公務員・アルバイト・専業主婦などは、筆者のように長い時間をかけてFXトレードを行う「スイングトレード」を試す価値は十分にあると思われます。

要所のFXトレードの知識とトレードスキルを身に付けてしまえば、無理せずコツコツ「時間をお金に変えられ」、かつ、ご自身の資産がコツコツ増えていく結果につながることでしょう。

おわりに

今回のにわかトレーダーのコツコツFXブログでは、2020年7月度におけるトレードノートを自分自身の検証記録として公開させていただきました。

にわかトレーダーのコツコツFXブログを始めた当初は、できる限り毎日トレード結果を付けて公開していたことがありました。

しかしながら、自分自身がユーザーの立場として改めて考えた時、どこのにわかFXトレーダーなのかわからない人のトレード結果を見たところで、さほど大きな有益にはならないのではないかと思いました。

そのため、主にFX初心者を対象に、FXで利益を安定して上げ続けていくために必要なことを詳しく綴りつつ、本業の独立系ファイナンシャルプランナー(FP)として考えられることもお伝えする方がよりユーザーの皆さんには有益になるのではないかと思い、ブログの路線を大幅に変更した経緯があります。

これに伴い、筆者自身も改めてFXを勉強する機会ができましたし、合わせてトレード結果が激的に良い方向へ進んでいるとも感じています。

にわかFXトレーダーのトレードノートは、月初あたりを目途に、前月分を今後は公開していきたいと考えており、合わせて、FX初心者に対して大切なトレード情報もこれまで通りコツコツ公開していきたいと思っています。

ちなみに、にわかトレーダーのコツコツFXブログは、SNSで基本的に発信しておらず、にわかファンがコツコツ増えてくれればいいなという想いで綴っておりますが、何と言いましょうか、「隠家的な名店」みたいなFXブログに成長できるよう、これからも努めていきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いします。


スポンサーリンク
スポンサーリンク