トップページ > PR > おそらく令和元年度最後?のお客様の声をいただきましたっていう話と年末年始の休日について
おそらく令和元年度最後?のお客様の声をいただきましたっていう話と年末年始の休日について
PR

本ページでは、令和元年度がいよいよ終わりを迎えようとしている中で、おそらく令和元年度最後になると思われるお客様の声をいただいた話を佐藤元宣FP事務所のPRとして紹介しています。

合わせて、年末年始の休日についてご報告も兼ねています。

はじめに、本ページは、令和元年12月24日に投稿しているものとなりますが、以前のブログで、能代市へ出張相談したことをブログに綴らせていただきました。

能代市へ出張のお仕事をした話と今年最後のバイクツーリングをした踏んだり蹴ったりな話

上記ブログで記載している業務内容について、契約満了を迎えたことに伴って最後の出張相談と各種対応をさせていただいたのですが、この能代市のお客様から「お客様の声」を昨日いただくことができました。

内容は以下の通りです。

3人目の子供の学資保険をどうするかで悩んでおり、これを機会に家族の保険の見直しや住宅ローン、貯蓄計画等、様々な不安もあったところ、佐藤さんのホームページ・ブログを見つけ相談することにしました。

今まで、我が家の家計状況で分からなかった部分がほとんどだったのが、佐藤様のキャッシュフロー表の提案書で、年間どこにどれだけお金を使っているのか、今後の子供達の成長過程において何年後に支出が多くなる等、ライフイベントの発生もわかることができました。

また、節税対策、将来の資産運用の活用の仕方など幅広くアドバイスをして下さったことで老後生活においての不安軽減にもつながりました。

私達が疑問に思うことや不安に思っていることをメールや電話で相談すると休・祭日問わず迅速な対応をして下さり感謝しかありません。

契約料以上のことをして頂きました。

ホームページの顔写真からも感じられると思いますが、本当に「人柄も良く、話しやすい」

しかも、丁寧でわかりやすく、親身になって頂きました。

佐藤様にご相談して良かったです。

最後の日には、お土産まで頂いて、とても美味しかったです。ありがとうございました。

今後とも、何かありましたら、ご相談いたしますのでよろしくお願いいたします。

出典 佐藤元宣FP事務所 お客様の声 秋田県能代市 H様(40代男性) ライフプランニング(長期型)・FP相談(1年契約型)

ありがとうございます。本当に感謝の一言です。

本年は、平成から令和に元号が変わり、令和初めての年度末となるわけですが、振り返ってみますと、今年も様々なお金の悩みや疑問を持ったお客様と出会うことができたなあと改めて感じます。

そして、すべての人に対して対応するべき対策が異なるため、筆者のような業務スタイルの独立系ファイナンシャルプランナー(FP)は、一筋縄でお客様のニーズをしっかりと満たすことも難しいなあとも感じます。

このようなことを感じている中で、毎年、お客様の相談対応をして思うことがありますので、以下、ユーザーの皆さまは、ご自身の立場に置き換えて考えていただければと思います。

体調不良になれば病院へ行って医者に行きませんか?

思えば、筆者は今年、虚血性腸炎になりまして、人生初の腸内検査(腸内カメラ)を経験しました。(しったげ腹いでがったんですよ!)

大腸内視鏡検査を初めて受けたけど痛くなかった虚血性腸炎の話

これはどうでもいい話なのですが、体調不良になってどうしようもなければ医者に行って身体状況を診てもらいますよね?

そして、1日でも早く体調が良くなるために、処方された薬を服用したり、医者のアドバイスを守るのではないでしょうか?

筆者はそのようなタイプですが、ユーザーの皆さんはいかがでしょうか?

独立系ファイナンシャルプランナー(FP)に相談をすることも同じ

筆者のところに相談に来られる人というのは、お金に対する悩みや疑問を持っている人であるわけであり、いわば前項で紹介したように医者に行くことと何ら変わりはないと思っています。

日本FP協会では、ファイナンシャルプランナーを家計のホームドクターなどと紹介しておりますが、筆者は、最初の面談(いわば初診)で、その人の状況というのが当然のことながら大まかに把握することができます。

そして、面談による状況把握と悩み(体調不良の状態)をリンクさせることで、どこに問題があるのか、どのように対処(処方)したら良いのか判断し説明します。

通常ならば、相談される人は、お金などの悩みを抱えているわけでありますから、まずは言われた通りに対応をするのが筆者は「普通」だと思っています。(体調不良の場合と同じではないでしょうか??)

ただ、色々な人がいるわけであり、言われた通りに行動しない人、全く言うことを聞かない人もおられ、「まあ、そんな人もいるよね?」と思いつつ、何しにここへ来たんだべな?と素直に思います。

よく考えていただきたいのですが、自分自身で解決できないから相談に来たわけじゃないですか?

何しにここへ来たんだべな?って感じても何らおかしくはないのではないでしょうか?

本来ならば、このようなことを綴るべきではないという人も多いと思いますが、そういう「いい人ぶる」みたいなのがものすごく嫌いでして、本音でガチンコに接するのが筆者ですし、お客様に対して「忖度」は一切致しません。

大門未知子は失敗しない医者ですが、気持ち的にはあんな感じ。

でも、私、失敗することもあるかもしれない・・・独立系ファイナンシャルプランナー(FP)です。

年末年始の休日について

佐藤元宣FP事務所の年末年始の休日は、令和元年12月28日(土)から令和2年1月5日(日)までとさせていただきます。

例年は、人が働いている時も休むといった大型大連休を実施している当方ですが、今回は、いろいろと予定が立て込むことになってしまいまして断念しました(無念)

昨年と同様に、年末年始のお休み中に仕事の予定が入るという「いつものルーティーン」が今年も確立され、年末すべり込みで相談というお客様の心理・・・何かわかります。

いつも通り、やるだけですね自分は。

ほんで、また、お客様の声をいただけるようなサービスと結果を残せるようにこれからも努めていきたいと思っています。

以上、ご報告おしまい。


スポンサーリンク
スポンサーリンク