トップページ > 住宅 > パートでも住宅ローンは組めるのか
パートでも住宅ローンは組めるのか
住宅

住宅購入をこれから検討されている多くの皆さまは、ご自身の現在の状況から住宅ローンを組むことができるのか気になっていることと思います。

住宅ローンが無事融資されるためには、多くの審査要件を個々に満たし、総合的にOKといった信用を得る必要がありますが、本記事では、パートでも住宅ローンは組めるのか?といった質問事項について考えられる私自身の見解を紹介していきます。

置かれている立場は、人それぞれ異なりますが、これから住宅購入を検討されている皆さまは、1つの参考としてみてはいかがでしょうか。

質問内容 パートでも住宅ローンは組めるのか

私は、30歳の男の子2人(4歳、1歳)の母親です。現在は看護師としてパートで働いており、年収は130万弱におさえています。

旦那は32歳会社員です。

旦那の実家建て替え(3年前)時、義理親ではローンが組めないという理由で旦那が住宅ローンを組んでいます。(同居してほしいとのことで建てたそうですが私が同居拒否しました。)

旦那がローンを組んでいるためにマイホームは無理だと言われていたのですが、子供も成長してきたし、私たち夫婦も30歳をこえ、私たちだけのマイホームの夢が捨てきれず…

私単独で住宅ローンは組むことが出来るのでしょうか?その場合、子供がまだ小さいのでパートで働きたいのですが、勤務日数、時間を伸ばしてギリギリまで働くつもりです。

パートでもローンは組めるのか?

組めるのならば、年収どれくらいは必要か?

勤続年数は関係あるのか?

フラット35であれば組めそうですか?

安い建売住宅でも構いません。マイホームがほしいので、もし望みがあるならと思い質問いたしました。お願いします。

出典 ファイナンシャルプランナーJP パートでも住宅ローンは組めるのかより

結論から申し上げると、住宅ローンを組むのは難しいと断定されますが、以下、職業がパートであるから住宅ローンは組めませんという回答であれば、あまりにもレベルが低いと解されるため、ここでは、なぜ、質問者様が住宅ローンを組むことができないのか、個別に私の見解を紹介していきます。

住宅ローンの審査に通るのが難しい理由 その1 安定した職業に就いていない

質問内容より「現在は看護師としてパートで働いており、年収は130万弱におさえています。」とあることから、非正規労働者であることが確認できます。

言うまでもなく非正規労働者は、勤務先との労働契約が突然終了してしまう大きなリスクを抱えていることから、少なくとも安定した職業に就いているとは言えません。

住宅ローンの審査に無事通過するためには、「安定した収入があること」が求められるため、質問者様がパートという職業では、残念ながら住宅ローンの審査に通る見込みが極めて低くなると考えられます。

住宅ローンの審査に通るのが難しい理由 その2 年収が低い

こちらも同じ質問内容より「現在は看護師としてパートで働いており、年収は130万弱におさえています。」とあることから、おそらく、ご主人様の健康保険上の扶養の範囲内で働いていることが予測できますが、そもそも、年間130万円程度の収入であれば、安い建売住宅であったとしても年間の返済上限を大きくオーバーすることが推測でき、住宅ローンの審査に通過することが難しいと断定することができます。

なお、ここで言う年間の返済上限とは、「返済負担率」のことを指しており、たとえば、年収130万円の方が1年間で住宅ローンなどの借入金を返済する上限があらかじめ金融機関で定められており、仮に30%が返済負担率の上限だったとしますと、1年間の返済金額は39万円(130万円×30%)までに抑えておかなければなりません。

これを1ヶ月の返済金額に換算しますと32,500円となり、一般的に考えますと、1ヶ月32,500円の返済で住宅購入するのはかなり難しいと考えられます。

併せて、返済負担率30%は、かなり高めの返済負担率であることから、他の審査項目で余程の信用を得られなければ、この部分の懸念を払拭するのは難しいと考えることもできるでしょう。

住宅ローンの審査に通るのが難しい理由 その3 質問例の場合、夫婦の収入合算が不可能

住宅ローンを組む場合、1人の経済力で金融機関から信用を得るのが難しい時は、夫婦の収入を合わせる「収入合算」という方法で融資をされやすくすることができます。

しかしながら、質問者様の場合、「旦那の実家建て替え(3年前)時、義理親ではローンが組めないという理由で旦那が住宅ローンを組んでいます。」とあることから、すでに住宅ローンを抱えているご主人様を収入合算の対象として申し込むことはできず、結果として、質問者様1人の信用で申し込む必要があると思われます。

これまでの2つの理由より、質問者様1人の信用で住宅ローンを組むのが難しいと解されることから、収入合算を利用するといった選択肢を取りたいところではありますが、すでに住宅ローンを抱えているご主人様が、仮に夫婦の収入合算で住宅ローンを組んだとしますと、2つの住宅ローン債務を抱えることとなり、通常、このようなことはあり得ません。

結果として住宅ローンの審査を通過するのは難しいと断定されます。

夢は見るものではなく、叶えるもの 現実をもっと見つめてほしい

質問内容全体を通じて、私だけではなく、おそらく質問内容を全体的に拝見したユーザーの皆さまも、現実をもっとみつめるべきと感じた方も多いのではないでしょうか?

特に、実際に住宅ローンを組んで住宅購入をした方であれば、考え方があまりにも甘すぎるといった声も聞こえてきそうですが、改善点は多々あることが伺えます。

第一に、子どものことを考えることは、私自身も子を育てる親として非常によく理解することができるのですが、なぜ、パートに固執する必要があるのか?といった疑問が生じます。

正規労働者(正社員)として働く努力をすることで、この夢は少なからず大きく近づき、現実味を帯びてくると私は考えます。

看護師という職業であれば、十分収入の増加も見込めると思われますし、子どものことを考えながらご主人様と今後の働き方についてじっくりと話し合いを重ねて夢を叶えるための努力が必要であると思います。

何かを得るためには、何かを犠牲にしなければならないことは、人生において多々あると思いますが、その努力が質問者様には残念ながら欠けているような気がします。

子育ては、夫婦で力を合わせて行うべきものでありますので、働き方を変化させながら子育てをするのはとても大変なことではありますが、絶対に叶えたい夢なのであれば、その苦労は苦痛ではないはずです。

住宅ローンを組むことは、決して簡単なことではありませんし、質問内容にあった「勤続年数」も住宅ローンの審査に影響を及ぼすことから、早急に行動して結果を残していかなければ、住宅購入という夢はどんどん遠のいていくことも十分予測できます。

なぜなら、今度は「年齢」も住宅ローンの審査に関係してくるためです。

FPという専門家の立場として、住宅ローンを抱えている立場として、子育てをしているものの立場として、質問者様には再度、現実をもっと見つめて頑張っていただきたいものと感じます。

おわりに

相変わらず自分の想いをしっかりと伝えてしまう癖から、最後は暑苦しいメッセージとなってしまいましたが、住宅ローンを組むことはそんなに甘いものではないよ、軽視しちゃいけないよ、といったことを強く伝えたいことからあたりの厳しい表現となってしまいました。

しかしながら、住宅ローンの審査に通過することは、基本的な審査項目を個々にしっかりと満たし、問題がなければ誰でも通過することができるものです。

あくまでも、自分が置かれている状況が、住宅ローンの審査にどのような影響を与えるのか?といったことを知ることが重要となります。

現在では、金融機関をはじめ不動産業者など数多くの企業が、無料サービスの一環として住宅ローンの返済計画やシミュレーションを提供しておりますが、自分に合った住宅ローンや最終的な決定権はお客様自身にあります。

これから住宅購入を検討されている方は、自分を見つめ直し、納得した住宅ローン選びを実現していただきたいものです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク