トップページ > 住宅 > 住宅購入予定がある方へ伝えたいこと。住宅ローンを無理なく返済するための考え方
住宅購入予定がある方へ伝えたいこと。住宅ローンを無理なく返済するための考え方
住宅

住宅購入は、一般に「人生で最も高い買い物」といわれますが、1000万円単位の住宅ローン(借金)を何十年もかけて返済していくことを踏まえますと、当然に失敗するわけにはいきません。

このように考えますと、やはり住宅購入前の資金計画や住宅ローンの返済計画は、あらかじめ念入りに立てておく必要があるといえます。

そこで本記事では、これから住宅購入を検討している方を対象に住宅ローンを無理なく返済するための考え方についていくつか紹介していきたいと思います。

そもそも「私はいくら借りられるの?」はNG

bfdb6d69a52c8a57af81ac146d5539b9_s

住宅購入や住宅ローンの相談に応じておりますと、「私は、いくら借りられますか?」や「私は、いくらまでなら借りてもいいですか?」といった質問をよく受けます。

これは、そもそも住宅ローンを考える上でNGな考え方であり、このような住宅ローンの申し込みをした場合、今は良くとも先々において返済が滞ってしまう要因に十分なり得ます。

たとえば、今はインターネットで誰でも簡単にさまざまな情報を無料で仕入れることができる時代ですが、「住宅ローンのシミュレーター」で「毎月の返済金額」「総返済金額」「借入可能額」なども簡単に知ることができます。

ただし、専門家FPとしてあえて一言、苦言を呈したいのですが、ここで1番やっかいなのは「借入可能額」です。

住宅ローンのシミュレーターを利用したことがある人は、すでにご存じだと思いますが、「年収」や「借入条件」を入力するとご親切にローン金額がはじき出される仕組みとなっているものの、このローン金額は「融資する側の都合」であり「借りる側の都合ではない」のです。

つまり、住宅ローンのシミュレーターではじき出されたローン金額は、目安として利用するのは大いに結構だと思っておりますが、皆さんの家計にとってベストな返済金額ではないことにまずもって気が付いてもらう必要があると私はいつも感じております。

いくらまでなら余裕を持った返済ができますか?

ac76d8f70cc3404b711e90346e04c406_s

住宅ローンの返済で最も大切なことは、「いくらなら余裕を持った返済ができるのか?」といった考え方になります。

この時、毎月のローンの返済だけでなく、住宅購入後にかかる「固定資産税」「数年後の火災保険料」「修繕費用」などについても大まかに見積もっておく必要があります。

さらに子どもがいる場合は、子どもの教育費や自分たちの老後資金のほか、「完済年齢がいつになるのか」などについても把握しておく必要があるでしょう。

マイナス金利政策が施行され金融機関の競争が激化している中で、住宅ローンの申し込みをしてお金を借りることは比較的簡単なことだと私は感じております。

この理由として貸し倒れリスクを懸念して貸し渋る金融機関もある一方で、融資したい金融機関も多く存在するということが1つ、そして住宅ローンの申し込みは多角化が進んでいるため、地元の金融機関に捉われず、自分たちに合った融資条件の金融機関を全国から自由に選ぶことができるなどの理由があげられるからです。

このような理由からあくまでも私個人の主観ではありますが、住宅ローンの申し込みを通ることは余程の理由がない限り比較的通りやすいと考えますが、借りた後に余裕を持って返済し続けていくことは決して簡単なことではないと思います。

何事もなく住宅ローンの完済まで月日が経過すればよいのですが、人生において何が起こるかなんて誰もわかりはしません。

だからこそ大切なことは、何が起こったとしても住宅ローンの返済が滞らないようにするための事前対策と備えなのではないでしょうか?

余裕を持った返済計画で借りられる金額が自ずと決まる

009_main

先々のことを考えて月々に返済できるお金が決定すると、金利、返済方法、返済期間などの条件をあてはめることで、自ずと借りられる金額(借りても大丈夫な金額)も決定することになります。

実際のところ、金融機関によって融資の金利が異なるほか、いわゆる「優遇金利」という名の割引金利が融資の際に適用されることもあります。

これには、さまざまな条件や時期をはじめ、金融機関によって各々異なることから、一概にどうのこうのと申し上げることはできませんが、その時々に応じて自分たちに最適な金融機関は都度、変化する可能性があることになると私は考えます。

予算不足ならば計画を変更する勇気も必要

d00ccff4ba1aaeaa7cfe3ac28b2519ff_s

住宅購入は絶対に失敗したくないですし、できることなら自分たちの希望に沿った住宅購入をしたいと考えるのは当然のことだと思います。

しかし、その気持ちを抑えられないあまり強引な契約をしてしまうことは、自分たちだけではなく子どもたちの将来においても悪影響を及ぼすことは決して忘れてはなりません。

そのため、仮に予算不足の場合は、住宅購入計画を変更したり新築ではなく中古住宅を購入するなどといった柔軟な思考も時には必要になってくると考えます。

こちらは余談ですが、昨今、空き家問題が大きな社会問題となっている中で、中古住宅を購入してリフォームやリノベーションして活用したり、助成金や補助金といったいわゆる支援金を利用することで自分たちが希望している住宅購入ができる場合もあることを知っておいても決して損はないと思います。

おわりに

416d13b537e3be538e74c6487f0e5fff_s

住宅の価格は、お住いの都道府県や地区をはじめ、業者などによって異なりますが、本記事で紹介した「住宅ローンを無理なく返済できる考え方」を知っておくことで、住宅購入に失敗するリスクは格段に低くなると思われます。

住宅購入計画や住宅ローンの返済計画を考える時は、今回ご紹介したもののほかに、法律や制度などさまざまな要素を考慮して総合的に検討する必要があると私は思っており、そのようなプランニングがやはり効果的だと感じております。

これから住宅購入を検討している皆さまは、本記事を参考にまずは自分がどのくらいの住宅が購入できるのか確認してみるところから始めてみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク
スポンサーリンク