トップページ > PR > 起業資金や事業資金を調達する資金調達と主な方法とは?資金不足の原因と対策方法も紹介
起業資金や事業資金を調達する資金調達と主な方法とは?資金不足の原因と対策方法も紹介
PR

本ページでは、起業資金や事業資金を調達する資金調達と主な方法をはじめ、資金不足の原因と対策方法について紹介しています。

はじめに、資金調達とは、事業を営んでいく上で必要になる資金を調達する(集める)ことを言います。

実際のところ、事業を営んでいく上において、会社を設立して事業を営む法人や個人で事業を営む個人事業主などに大きくわけられることになるわけですが、これらの形態のほか、どのような業種で事業を営んでいくのかによっても資金調達で必要となる金額も大きく変わります。

また、これから会社を設立して事業を始めようとしている人や個人で何かしらの事業を始めようとしている人をはじめ、すでに法人や個人事業主として事業を営んでいる場合など、置かれている状況や様々な理由が原因で事業に必要な資金が不足している場合も考えられ、このような時、何かしらの方法で資金調達を検討することも十分予測されます。

このようなことを踏まえまして本ページでは、これからの起業資金や事業資金を調達する資金調達と主な方法をはじめ、資金不足の原因と対策方法について大まかなポイントについて紹介していきます。

起業資金や事業資金を調達する資金調達と主な方法などを紹介する前に

起業資金や事業資金を調達する資金調達と主な方法などを紹介する前に、あらかじめユーザーの皆さまへお伝えしておくことがあります。

それは、本ページは、当事務所が企業様から起業資金や事業資金を調達する資金調達と主な方法などについて、記事監修の依頼を受けた「企業案件」であり、実際に依頼をした企業様が公開している記事の紹介(PR)となります。

そのため、起業資金や事業資金を調達する資金調達と主な方法などの詳細は、以下、監修した記事が公開されているリンクよりご確認いただくこととなりますが、本ページでは、実際に監修した記事内容における起業資金や事業資金を調達する資金調達と主な方法をはじめとしたポイントや対策方法などをピックアップして紹介していきますのであらかじめご留意いただけます様、お願い申し上げます。

参考 資金調達方法・資金不足の原因と対策を資金調達のプロが解説

起業資金や事業資金を調達する資金調達とは

本ページの冒頭でもお伝えしましたように、起業資金や事業資金を調達する資金調達とは、事業を営んでいく上で必要になる資金を調達する(集める)ことを言います。

通常、初めて法人が事業を営む場合、資本金と呼ばれる元手の資金が必要になり、個人事業主であれば元入金と呼ばれる資金が必要になるわけですが、実際に営むことになる事業内容によって資金の金額は大きく変わります。

たとえば、法人を設立し商品を製造して販売するような業種であれば、商品を製造するための原材料などを仕入れたり、商品を製造するための人件費、仕入れたお金を支払うための資金などといった「運転資金」が必要になるほか、製品を製造するための「設備資金」などが必要になると考えられます。

また、そもそも法人を設立するのであれば、法人設立をするために必要な登記手続きや定款作成などといった各種付随費用にかかる資金が必要となる場合もあるでしょう。

このように考えていきますと、起業資金や事業資金を調達する資金調達というのは、その人によって必要性の有無や重要性が大きく異なることがご理解いただけると思います。

起業資金や事業資金を調達する資金調達の主な方法とは

起業資金や事業資金を資金調達するための方法は実に様々ですが、法人や個人といった形態をはじめ、業種を問わない主な方法としては助成金や補助金といった各種制度を活用する方法をはじめ、民間金融機関や日本政策金融公庫からの借入、クラウドファンディングやその他の方法で出資を募るなどの方法で資金調達する方法などが考えられるでしょう。

なお、少々専門的、かつ、詳しい資金調達の方法を考慮しますと、大まかに「資産」「負債」「資本」などから考える資金調達もあるわけですが、これらから見る各種資金調達方法は、すべての人が活用できるものではないため、以下、実際に監修した記事内容より自分たちが活用できるものがあるのかどうか確認されてみるのが確実だと言えるでしょう。

参考 資金調達方法・資金不足の原因と対策を資金調達のプロが解説

事業資金の資金不足の原因と対策方法

法人や個人事業主として事業を営んでいくと、時として事業資金をはじめとした各種資金不足に陥ってしまうこともあります。

このような時に、資金調達の検討をする必要性はあるものの、それ以前に、なぜ、このような事態に陥ることになったのか?といった原因を突き止めていく必要があり、同時に対策方法を考え、実行していかなくてはなりません。

一般的に考えられる原因としては、売上高の減少、利益率の悪化、変動費や固定費の増加などが考えられますが、いわゆる「キャッシュ=資金」が足りない資金不足といった観点から見ますと、借入金の返済負担の増加や売掛債権の回収遅延なども資金不足の原因として考えられるでしょう。

こちらにつきましても、法人や個人をはじめ、置かれている状況によって原因と対策方法が異なることが十分に考えられますが、いずれにしましても、資金不足の原因究明と精査・確認が必要になることは言うまでもありません。

おわりに

本ページは、当事務所が企業様から起業資金や事業資金を調達する資金調達と主な方法などについて、記事監修の依頼を受けた「企業案件」ですが、起業資金や事業資金などといった資金調達の方法は、法人なのか個人なのかといった形態のほか、事業の業種(職種)など、それぞれが置かれている立場によって資金調達方法や資金不足の原因と対策方法は全く異なります。

そのため、実際に置かれている立場の確認はもちろんのこと、仮に資金不足の場合は、あらかじめ資金不足の原因の精査・確認が重要であることは言うまでもありません。

また、資金調達をする上で、実際に活用することができる方法も法人なのか個人なのかをはじめ、事業の業種や創業前なのか創業後なのかなどによっても変わることになります。

このように考えた時、資金調達というのは、1つの「型」にはめて考えることは難しく、様々な情報を仕入れ、置かれている状況を精査・確認した中で適切な方法を選択し実行していくことが望ましいことは確かと言えるでしょう。

いずれにしましても、資金調達には様々な方法があることは確かですので、まずは資金調達の方法を一通り確認し、自分達にあった方法を見つけるところから始めてみてはいかがでしょうか。

参考 資金調達方法・資金不足の原因と対策を資金調達のプロが解説


スポンサーリンク
スポンサーリンク