トップページ > 日記 > 人生100年時代っておかしくない?って感じている話
人生100年時代っておかしくない?って感じている話
日記

人生100年時代とよく見聞きするようになっておりますが、そもそも人生100年時代ってどのような意味合いで使われているのでしょう?

あくまでも個人の見解なのですが、人生100年時代という言葉を初めて聞いたとき「はあ?」って率直に感じましたし、今もその感じ方は全く変わっていません。

そんな中、本日自宅に届いたFP協会からの会報誌にも「人生100年時代のライフプランニング~FPに求められる助言とスキル~」と銘打ったものが届きまして、おいおい大丈夫か?随分枠取ってんじゃねえか!って率直に思ったことは言うまでもありません。

人生100年時代をざっくりまとめるとこういうこと

人生100年時代をざっくりまとめると、イギリスのリンダ・グラットンという教授が提言したもので、人の寿命が延びることによって100歳を超えるようになれば、現状80歳程度の寿命のライフプランを見直す必要があるといったものです。

先のことを考えることは決して間違ったことではなく、むしろ正しい考え方であるのには同調できるのですが、少なくとも現状の平均寿命が80歳程度とされている中で、このことについて考えることははたしていかがなものなのかと疑問を抱いてしまいます。

というのも、いつになったら人の寿命が100歳を超えるようになるのか?といったことが、そもそもの問題となるからであり、その答えは衝撃の2107年だそうです。

単純計算で89年後・・・。

今を生きている僕らが人生100年時代を考える必要ってあるの?

人生100年時代は、2107年になると日本を含む先進国で半数以上の人が100歳よりも長生きするらしいです!

申し訳ないですけどあほくさくて仕方がない。

そもそも人っていつ、どのように死亡するのかわからないわけで、環境や生活習慣などによってあたりまえに個人差があるわけであり、医療技術が進歩したとしても限界がやはりあると思わざるをえないと自分は感じます。

しかも、偶発的な事故や災害によって死亡する場合も考えられるわけですから、一括りに考えられない部分も出てくるのではないでしょうか?

人生100年時代の大まかな部分を紹介しましたが、これらを踏まえると、会報誌にある「人生100年時代のライフプランニング~FPに求められる助言とスキル~」って何なのでしょう?

89年後のライフプランニング・・・死んでるわ!意味ないわ!きっと誰も求めてないわ!

政府は目の前を見つめ、世帯は将来を見つめる必要があるんじゃないの?

いつも不思議でおかしいなと思うことがあるのですが、そもそも人生100年時代といった2107年のことを考えることも大切なんだけど、「くそみたいな日本経済の立て直し=目の前の課題を解決する」のが先なんじゃないの?っていっつも僕は感じています。

優先順位がほんとおかしくて、人の懐を見る仕事をしていて、規模が違えど、金の考え方は国だろうが家計だろうが同じなんだよね。

目の前の課題を解決できていないまま話が飛び過ぎてんだよね。

で、世帯は逆にその場しのぎみたいな生活していちゃ、いつまで経っても金なんか貯まるわけないんだよね。

だから、先を見据えた対策をしなきゃいけないんだよね。

最初から考え方が間違ってるから、おかしな金の流れができちゃってうまくいかないんだよね。

でも1つだけ言えることは、政府がこれから何をやろうが、その時々の流れに準じた先の行動を取れていれば、日本経済が良くても悪くても自分らの家計は安泰するのは確かだね。

結局、自分達次第ってことだよね。

おわりに

人生100年時代なんてものを気にする必要なんて全くないと自分は思います。

先のことを考えながら、自分の人生を楽しく生きる方が良いと思うし、その中で家族の将来も安泰したものになるような将来を見つめた対策がそれぞれの世帯で必要だってことだと僕は思いますけど・・・。

人生100年時代を正しく解釈した家計作りを実現したいものです。

ちなみに全然関係のない個人的な話なんですが、大型自動二輪免許の取得のために今日初めて実技を受講したんだけど、大型バイクを運転して、もっと早くこの魅力に気付けば良かったって本気で思ったっす。

38歳のおっさんですが、自分の人生は自分だけのもの!

家族に迷惑かけなければ何やったっていいんじゃない??


スポンサーリンク
スポンサーリンク