トップページ > PR > 2020年の業務開始です。本年も宜しくお願い致しますという話
2020年の業務開始です。本年も宜しくお願い致しますという話
PR

本日、令和2年1月6日(月)ですが、本ブログでは、2020年の業務が開始となり、本年も宜しくお願い致しますという新年のご挨拶を中心とした内容を綴っています。

はじめに、年末年始のお休みがあっという間に終わり、本日、令和2年1月6日(月)より2020年の業務を開始致します。

本年も多くの人とのご縁があるといいなあと思いつつ、2020年も佐藤元宣FP事務所のご愛顧を何卒、宜しくお願い致します。

2020年の他愛もない抱負について

2019年を振り返りまして、2020年の他愛もない抱負についてご紹介させていただきます。

まず、率直に感じていることとして、2020年は、「健康」に気を遣う年にしたいなあと思っています。

昨年、人生で初めて大腸内視鏡検査を受けまして、「健康」がいかに仕事に大事であるのかを身に染みて感じる1年であったと改めて思います。

と言いながらも、夫婦喧嘩が原因で「ぐれて改めて始めた喫煙」が、未だに止められないという悪循環に陥っているのも事実であり、この辺も再度、改善していく必要があるなあとも思います。

また、「十分な睡眠」も本当に大切であることを感じています。

実のところ、本年、布団乾燥機を購入しまして、床についた時の「温かさ」が「最強=至福」でして、質の良い睡眠が約束されます。(布団乾燥機のステマじゃないですよ・・・)

十分な睡眠を取りまして、快適な目覚めが、身体の倦怠感や業務のやる気を阻害することがなく、とても前向きな気持ちになることを本当に感じています。

ざっくりまとめますと、2020年は、日常生活の仕方を少しずつ改善するといった1年にしたいと思っています。

ちなみに、2020年は「前厄」ということもあり、お祓いに後で行ってきます。

2019年12月31日に「とあることをしてリセット」したという話

2019年12月31日にかみさんの実家へ行って、年末年始は山形県で過ごしたのですが、その道中、車を運転しながら「とあることをしよう」とふと思い、実行しました。

この「とあること」とは、生やしている髭をすべて剃り落とすといったことです。

何年振りかにツルツルのお肌になりまして、家族が驚いて爆笑したことは言うまでもありません。(自分自身も何か違和感がありました)

4歳になる次男坊のいじり具合がハンパなくて、1歳の愛娘も「誰?このおじさん?」みたいな感じでしたね。

ただ、一旦、髭をすべて剃り落としてリセットすることで、2020年に向けて頑張ろうみたいな1つの前向きなきっかけになれたのも確かです。

髭を剃り落として6日が経ちましたが、ガッツリ髭を生やすのって時間がかかるものだなあと感じています。

今なら、髭のない私に会うことができまして、ある意味プレミアムな時期ですよ!(賞味期限は1ヶ月といったところでしょう)

やっぱ「コツコツ」が大事

髭をリセットし、ガッツリ髭を生やすのに時間がかかることを触れましたが、ガッツリお金を形成するには、やっぱ「コツコツ」が大事だと思います。

いきなり、ファイナンシャルプランナー(FP)っぽいお話しとなるのですが、一気にガツンとお金を増やして資産形成するには、それなりのリスクも付きまとってくるということで、やっぱ時間をかけて「コツコツ」できることから始めることが、ガッツリお金を形成する近道であると私は思います。

実のところ、本年貰った年賀状で、高校の時の同級生から結婚したとの連絡がありまして、新年早々「めでてえなあ」と思い、電話連絡と結婚祝いの手配を早速行いましたが、電話での会話の中で、iDeCo(個人型確定拠出年金)の話になりました。

iDeCo(個人型確定拠出年金)も「コツコツ」老後資金を形成するための極めて有効な手段であり、今後、法律の改正によって、より有意義に活用できることが予測されます。

昨年は、老後2,000万円問題なんかもメディアで取り上げられましたが、そのような表面的な部分はどうでもよく、要は、ご自身にとってどのように資産形成できることがベストなのか理解しておくことが大切であると私は思っています。

あくまでも個人的な予測となりますが、本年も子育て世帯を中心に、将来の教育資金や老後資金対策のご相談が増加する1年になるのではないかなあ??とも思っています。

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは?制度の特徴とおすすめしたいお金の考え方も合わせて紹介

にわかトレーダーのコツコツFXブログも1年を通じて発信

一応趣味ですが、本気で取り組んでいる「FX=外国為替証拠金取引」について、「にわかトレーダーのコツコツFXブログ」を2019年12月16日より発信開始しておりますが、2020年は1年間を通じて、一定の時期を除いてほぼフルに発信することになるだろうと思っています。

FXでコツコツお金を増やしたものを別の資産運用で、さらに「お金を派生させる」といったことを1年を通じて行い、結果として残すことができる1年になるように努めていきたいと思っています。

実のところ、特に年始は、FXについて、改めて勉強をし直しまして、今後の改善策と計画も立てさせていただき、個人的にはとても充実した年末年始のお休みとなりました。

これは、昨年、自分なりに始めた働き方改革によって、自分の時間をしっかりと確保できていることによるものだとも思います。

「自分自身」と「与えられている時間」を大切にしていきたいものですね。

おわりに

2020年もこれまで通り業務を行っていきまして、良いと思ったものは積極的に取り入れ、悪いと思ったものはバッサリ切るという普段通りのスタイルで仕事を行っていくことは確かです。

ただ、当事務所に対して相談を依頼いただきましたお客様に対しましては、これまでと同様に、真摯に向き合い対応し、悩みや疑問をしっかりと解決できるようにとことん努めていくことは言うまでもありません。

一癖、二癖ある者ではございますが、これまで通り飾らず己を貫き通してまいります。

そんな佐藤元宣FP事務所を2020年も何卒、宜しくお願い致します。


スポンサーリンク
スポンサーリンク