トップページ > PR > カードローンを利用する際における選び方とポイントとは
カードローンを利用する際における選び方とポイントとは
PR

本ページでは、金融機関(貸金業者)が取り扱っているカードローンを利用する際における選び方とポイントについて紹介しています。

はじめに、カードローンには、大きく金融機関が取り扱っている銀行系のカードローンと消費者金融が取り扱っている消費者金融のカードローンの2つに大きくわけられます。

これら2つのカードローンは、いずれもお金を借入する際の資金使途が問われない一方で、借入したお金に対する金利は高いといった特徴があります。

また、カードローンは、基本的に安定した収入があり、申し込みをした金融機関(貸金業者)の審査に通過すると利用することが可能となりますが、住宅ローンや自動車ローンなどの各種ローンの審査に比べて審査の難易度が緩いことも確かです。

ただし、実のところ、銀行系のカードローンと消費者金融のカードローンは、細かく比較して見ていきますと、それぞれポイントが異なる特徴もあります。

そこで本ページでは、銀行系のカードローンや消費者金融のカードローンといった各種カードローンを利用する際における選び方とポイントについて簡単に紹介していきます。

カードローンを利用する際における選び方とポイントを紹介する前に

カードローンを利用する際における選び方とポイントを紹介する前に、あらかじめユーザーの皆さまへお伝えしておくことがあります。

それは、本ページは、当事務所が企業様からカードローンの選び方について、記事執筆の依頼を受けた「企業案件」であり、実際に依頼をした企業様に対して納品した記事の紹介(PR)となります。

そのため、カードローンを利用する際における選び方とポイントの詳細は、以下、納品した記事が公開されているリンクよりご確認いただくこととなりますが、本ページでは、実際に納品した記事内容の要点などのポイントをピックアップして紹介していきますのであらかじめご留意いただけます様、お願い申し上げます。

参考 お金のミカタプロ

参考 プロ3人が選んだ「おすすめカードローンランキング」10選。プロが教える「カードローンの選び方」

カードローンとは

本ページの冒頭でもお伝えさせていただきましたように、カードローンとは、基本的にお金の使い道が問われることはないローンで、保証人や担保が原則として不要、かつ、申し込みの手続きや審査が簡単なローンのことを言います。

加えて、現状、カードローンは、会社員・公務員・自営業者などをはじめ、専業主婦(主夫)やアルバイト・パートといった一般に収入(所得)が低い人でも借入しやすい特徴があるローンでもあります。

ただし、その一方で、銀行系のカードローンおよび消費者金融のカードローンを問わず、これらのカードローンは、借入したお金に対する金利は高く設定されているため、実際に借入したお金をすべて完済するまでに支払うことになる総返済金額は高額になってしまう恐れが生じることをあらかじめご理解いただく必要もあります。

そのため、カードローンの利用を検討している人は、できる限り、借入の申し込みをする前に金融機関(貸金業者)が無料で提供している返済シミュレーションを活用した計画的な返済計画を立てた上で借入することが極めて大切です。

カードローンを利用する上での注意点

カードローンは、お金を借りやすい特徴がメリットである一方で、いつでも借入限度額の範囲内であればお金を借入できるため、前項で紹介した「返済計画」が崩れやすいデメリットがあります。

また、カードローンは、審査が比較的緩やかなため、場合によっては、複数のカードローンからお金を借入することによる多重債務やご自身の資産であるお金と負債である借入金の感覚がまひ(錯覚)してしまう危険性が増すことも十分考えられます。

つまり、最悪な場合、お金を借りては返す「自転車操業」が継続することによって、高額な支払利息ばかりを多く払い、借入元金がいつまで経っても減少しないといったことに陥る危険性があることを意味します

この点は、本当に気を付けなければならないカードローンを利用する上での注意点と言えます。

カードローンを利用する際における選び方とポイント

カードローンには、金融機関が取り扱っている銀行系のカードローンと消費者金融が取り扱っている消費者金融のカードローンの2つがあるのですが、一般にカードローンの選び方で検討しておきたい主なポイントとしてあげられるのは以下の通りです。

・カードローンの金利

・カードローンの審査や融資のスピード

・カードローンの申し込みは簡単なのか

・実際に借入したお金の返済がしやすいのかどうか

・カードローンを利用することで、他の特典があるのか

カードローンの金利

一般に、カードローンの金利は、銀行系のカードローンの方が、消費者金融のカードローンに比べて低いケースが多くなっています。

ただし、筆者がカードローンのランキングを5つ付した中で1位として選んだのは、消費者金融に部類されるカードローンとなっており、他社に比べて金利が低い特徴がありました。

カードローンの審査や融資のスピード

一般に、カードローンの審査や融資のスピードは、消費者金融のカードローンの方が、銀行系のカードローンに比べて早いケースが多くなっています。

スピード融資を希望している場合は、消費者金融のカードローンを選ぶか保有しているクレジットカードのキャッシング機能を活用するのが望ましいでしょう。

カードローンの申し込みは簡単なのか

現在、カードローンの申し込みは、ネットを通じて簡単に行えるため、銀行系カードローンおよび消費者金融のカードローンによる大差はないと言えます。

実際に借入したお金の返済がしやすいのかどうか

こちらにつきましても、最寄りのコンビニATMでの返済をはじめ、銀行振込や口座振替など希望の返済方法を選択できるため、銀行系カードローンおよび消費者金融のカードローンによる大差はないと言えます。

カードローンを利用することで、他の特典があるのか

現在、カードローンを取り扱っている金融機関(貸金業者)によって金利や融資金額などの取り扱いが異なるのはもちろんですが、カードローンを利用した場合における「特典」があるところとないところの差が著しいのは確かです。

実際にカードローンを利用する場合、金利の低さを求めているのか、スピード融資を求めているのか、特典があることを求めているのかなどといった優先度合いが何なのかを再確認し、その優先度合いに最も近い金融機関(貸金業者)のカードローンを申し込みするのが望ましいでしょう。

おわりに

本ページは、当事務所が企業様からカードローンの選び方について、記事執筆の依頼を受けた「企業案件」ですが、各種銀行系カードローンおよび消費者金融のWEBサイトを基に特徴を比較し、実際にカードローンを利用する人のことを考えた上で上位5つをランキングさせていただきました。

このランキングを付した理由につきましても、それぞれ個別に解説をしており、あくまでも筆者独自の見解となりますが、内容が気になるユーザーの皆さまは、以下、当方が執筆した記事の内容やランキングとその理由に目通しいただければと思います。

参考 プロ3人が選んだ「おすすめカードローンランキング」10選。プロが教える「カードローンの選び方」


スポンサーリンク
スポンサーリンク