トップページ > お得な豆知識 > 葬儀費用の低価格化の流れ ~今、考えるべきこと~
葬儀費用の低価格化の流れ ~今、考えるべきこと~
お得な豆知識

 葬儀費用は一般的に200万円程度必要と言われてきました。

しかしながら、昨今の経済状況や市場の流れが影響し、葬儀費用にかける価格相場が減少傾向にあります。

 

いわゆる「家族葬」を行う世帯が増加し、葬儀費用を低く抑える流れが主流になってきております。私はファイナンシャルプランナーとして、この流れをしっかりと把握しておかなくてはならないと考えておりました。今回はその流れをいち早く察知し、将来の資金計画を立てるきっかけ作りとして情報を提供・公開していきたいと思います。

 

今回の情報公開において、秋田市外旭川のハッピー・ライン株式会社様から見学及び説明のご協力を賜りました。

 

域別の葬儀費用の現状

 

地方によって金額のばらつきが見られる結果となっております。

 

 地域別の葬儀費用一覧表

  最低金額 最高金額 平均金額
北海道 20万円 500万円 161.7万円
東北地方 18万円 500万円 170万円
関東地方  (東京・神奈川・埼玉のみ) 20万円 650万円 184.3万円
中部地方  (愛知・静岡など一部地域) 10万円 510万円 215.8万円
近畿地方 95.7万円 400万円 210.5万円
中国地方 62万円 300万円 153.6万円
四国地方 46.5万円 300万円 134.3万円
九州地方 56万円 1,000万円 194万円
全国平均     188.9万円

日本消費者協会 葬儀調査(2013年)のデータを参考

 

家族葬とは

 

家族葬と言うと、亡くなった故人のために家族だけでしめやかに行う葬儀だと思うのではないでしょうか?代表取締役の東海林様がおっしゃるには、上記に限らず親戚や知人・友人も参列する葬儀も家族葬である場合もあり、一言で家族葬と言っても幅が広いのだそうです。

 

 

万が一の事が起きても慌てないために備えておくべき3つのポイント

 

こだけは抑えておきたい3つのポイントです。私が東海林代表から下記3つのポイントの説明を受けた感想は「納得」の一言につきました。

 

① 葬儀社への連絡手配

あらかじめ依頼する予定の葬儀社の電話番号を控えておきましょう

② 安置場所

仏様の安置する場所を「自宅」にするのか「葬祭ホール」にするのかをあらかじめ決めておきましょう

③ 関係者連絡

どこまでの方に会葬して頂くのかあらかじめイメージしておきましょう

 

万が一のことが起きた場合、ほとんどの方が動揺し何をしたら良いのかパニックになる傾向が多いようです。そのため、上記3つのポイントをあらかじめ整理しておき、後はプロに任せるのが最適でしょう。

 

 

家族葬にかかる費用について

 

家族葬にかかる費用は大きく4つに分けられます

 

① 基本費用(一般的にどなたでもかかる費用)

② 宗派・宗教、要望によって必要になる費用

③ おもてなしに関する費用(料理・お返しものなど)

④ 司式者に関する費用(お布施・車・お膳など)

 

 基本費用のように確実にかかる葬儀費用があるものの、故人に対する想いを形にした様々なプランがあり、費用もそれぞれによって異なることがわかりました。

 

 

私の体験からユーザーのみなさまに伝えたいこと

 

実際に1度足を運んで見学し、料金体系について説明してもらう事でイメージが沸き易くなります。たとえば、「地域別の葬儀費用一覧表」で紹介した東北地方の最低金額は18万円となっておりますが、この位の予算で抑えることも可能でした。

 

「結婚式を挙げるとき」「住宅を購入するとき」などはみなさん式場や業者に足を運びますが、「葬祭を考えるとき」はなかなか足を運びにくいものだと思います。

しかしながら、たった1度だけでも見学・説明を体験するのとしないのでは大きな差が生じます。なぜならば、実際に見学や説明を体験しなければ、費用や葬儀のイメージがより現実味を帯びる事ができないからです。

そのように考えた時、

 

結婚式や住宅購入と何ら考え方は変わりない

 

と私は心底そのように感じました。私がファイナンシャルプランナーという仕事を生業にしていなければ、この歳で葬儀屋さんに足を運ぶ事がなかったと思います。ただ、逆にこの歳で、ものすごく貴重な体験をしたと感じましたし、同年代の若年者からお父さん・お母さん世代のみなさんにも「先取り」や「将来を見通す考え」を1人でも多くの人に持っていただきたいと思っています。

 

良いと感じた事は1つでも多く伝え、訴えかけていくのが私の信念です。独立系ファイナンシャルプランナーとはそういう立場であるべきでしょう。

 

様々な事情で葬儀について準備できていない方も大勢いるのが現状です。行動しなければ何事も解決しないわけですから、これを機に何か考えるきっかけになっていただければ幸いです。

 

再度になりますが、今回の情報提供において、秋田市外旭川にあるハッピーライン株式会社代表取締役の東海林大心様のご協力がございました。

この場を借りて御礼を申し上げたいと思います。

ありがとうございました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク