トップページ > 住宅 > 住宅ローンを収入合算で申し込む場合のメリットと注意点を解説
住宅ローンを収入合算で申し込む場合のメリットと注意点を解説
住宅

住宅ローンを申し込みして、これから住宅購入を検討されている方の中には、共働き世帯が増加していることから、夫婦それぞれの収入を合わせて住宅ローンを申し込む「収入合算」を検討されている方も多いと思います。

実のところ、私も共働き世帯であり、かつ、家内と収入合算をして住宅ローンを組んだのですが、先日、夫婦揃って住宅ローン控除による税務署から所得税の還付を受け、世帯全体のキャッシュフローは増加に転じました。

このようなこともあったため、これから住宅ローンを収入合算で申し込む方に対して、収入合算のメリットと注意点を簡単に紹介させてもらおうと勝手に感じ、本記事を公開しております。

あくまでも簡単なものになりますので、詳細は、当事務所へご相談しに来てくださいねといったPRも含めて解説を進めていきます。

住宅ローンを収入合算で申し込むメリット 住宅ローン審査に通過しやすくなる可能性が高まる

住宅ローンは、希望借入金額と収入のバランスが整っていなければ融資される可能性は低くなってしまうため、たとえば、夫婦共働きの場合は、夫婦の収入を合算して住宅ローンを申し込むことによって、希望借入金額の融資がされやすくなると考えられ、結果として、住宅ローン審査に通過しやすくなる可能性が高まります。

実際に、住宅ローンへ申し込む際に選択する返済条件などによっても左右される部分は否めませんが、収入合算をすることによって、希望借入金額に対して余裕がある場合、必然的に返済条件も自分に合ったものを見つけやすくなることは確かです。

住宅ローンを収入合算で申し込むメリット 夫婦で住宅ローン控除が受けられる場合がある

住宅ローンを収入合算で申し込むメリットとして、夫婦で住宅ローン控除を受けられる場合があります。

見出しでは夫婦としておりますが、仮に二世帯住宅を建てる場合などにおいて、親子で収入合算をした場合、親子それぞれが住宅ローン控除を受けられると読み替えていただいて差し支えありません。

実際に私たち夫婦が収入合算をして、夫婦それぞれが住宅ローン控除を受けましたが、夫婦で収入合算するメリットは、夫婦共働きで、かつ、それぞれが納めるべき税金がある程、その効果は高くなります。

たとえば、夫婦がそれぞれ会社員であったとするならば、源泉徴収票に記載されている「源泉徴収税額」にどちらも数値が記載されていれば、少なくともどちらも恩恵が受けられることを意味しています。

ただし、これにはちょっとした注意点も実はありますので、次項では、その注意点について紹介しておきます。

住宅ローンを収入合算する上での注意点 連帯保証人の場合は、住宅ローン控除は主債務者のみ適用

住宅ローンを収入合算したからといって、お互いが住宅ローン控除を適用できるとは限らず、たとえば、夫が住宅ローンの主債務者、妻が夫の連帯保証人となっている場合は、夫婦の収入を合算して住宅ローンの融資がなされたとしても、実際に住宅ローン控除の適用は主債務者である夫だけになってしまいますので注意が必要です。

夫婦で収入合算をして、夫婦それぞれが住宅ローン控除を受けたいのであれば、連帯保証ではなく連帯債務にするなどの対策が必要なのです。

住宅ローンを収入合算する上での注意点 個人信用情報に問題がある場合は収入合算できない

住宅ローンを収入合算するためには、住宅ローンを申し込む本人はもちろんのこと、収入合算する相手も個人信用情報に問題がないことが求められます。

個人信用情報とは、過去一定期間の借入履歴や割賦取引履歴など、いわば、お金を貸したり返したりといった信用取引履歴のほか、カードでの買い物や自動車ローンの残高などなど、ありとあらゆる信用情報のことをいいます。

住宅ローン審査におきましては、個人信用情報が必ず確認され、収入合算で住宅ローンを申し込む場合は、本人のみならず、合算対象者の個人信用情報も確認されることになるため、この情報に問題がある場合は、住宅ローン審査に通過することは確実に無くなります。

仮に、収入合算者に問題がある場合は、本人のみの信用で借入することになりますので、時として、希望借入金額の融資が難しくなることも考えられます。

参考 佐藤元宣FP事務所 よく聞くブラックリストってそもそも何?

おわりに

住宅ローンを収入合算で申し込む場合のメリットや注意点を簡単に紹介させていただきましたが、金融機関によっては、収入合算できる金額がすべてではなく、半分までといったルールも設けられている場合もあることから、一概に、収入合算するから大丈夫と高を括ることに注意が必要です。

また、ご自身が希望している金融機関で住宅ローンの融資を受ける場合、収入合算の取り扱いはどのようになっているのか確認されてみることも大切です。

もちろん、住宅ローンは、長い期間に渡って返済していかなければならない借金でありますから、無理のない返済計画を立てて準備することも大切であることは言うまでもないでしょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク