トップページ > 日記 > にわかトレーダーのコツコツFXブログ 2019年12月20日
にわかトレーダーのコツコツFXブログ 2019年12月20日
日記

本ブログは、「にわかトレーダーのコツコツFXブログ 2019年12月20日」のトレード結果と考察を自身のFXトレードノートも兼ねてブログに綴っています。

また、2019年12月20日は金曜日ということで、2019年12月16日(月)から2019年12月20日(金)までの週間損益などの結果も公表していきたいと思います。

にわかトレーダーのコツコツFXブログの5回目の発信となりますが、前回の4回目で発信したドル/円のポジションは、はたしてどのようになったのか?

あらかじめお伝えしておきますが、「華」がなく「地味」なポジション決済となったことだけ先にお伝えしておきます。

2019年12月20日のFXトレード結果と通貨ペアごとの1週間の損益

上記画像の通り、2019年12月20日は、1,505円のプラスで終了しました。

2019年12月20日は金曜日ということで、土曜日および日曜日は、市場がお休みでFXトレードもまた来週の月曜日からスタートになります。

なお、厳密には、日付をまたいで12月21日(土曜日)の午前5時や午前6時までは、FXトレードをすることができますが、筆者は今回、引き続きトレードするのを見送りました。

ちなみに、2019年12月16日(月)から始めた「にわかトレーダーのコツコツFXブログ」ですが、2019年12月16日(月)から2019年12月20日(金)までにおける1週間の損益を以下、紹介します。

通貨ペア 売買損益 スワップ 1週間の利益 pips損益 備考
ドル/円 530 30 560 ▲314  
ユーロ/円 515 515 2  
ポンド/円 990 990 ▲96  
オーストラリアドル/円 6,410 6,410 297 12月19日の経済指標で大きな利益
ニュージーランドドル/円 1,380 1,380 69  
メキシコペソ/円 ▲180 ▲180 ▲18  
合計 9,645 30 9,675 ▲60  

12月16日(月)から12月20日(金)までの5日間のトータル利益は9,675円となり、1日あたりの平均利益は1,935円となりました。

ブログタイトル、「にわかトレーダーのコツコツFXブログ」という名前の通り、小さな利益をコツコツ積み上げしていくことができたものの、pips損益が▲60pips(1,000通貨)とマイナスとなっています。

筆者自身も改めて本ブログを通じてFXトレード結果を確認し、自分のトレードスタイルと結果が伴っていることを改めて感じています。

具体的には、以下の通りです。

・小さなlotでエントリーした場合、含み損が大きくなるまで損切りしない

・大きなlotでエントリーした場合、小さなlotで抱えた含み損と利益を相殺するため、あまり大きな利益につながらない

・大きなlotでエントリーした場合、含み益を大きく伸ばさない

・含み損がある時は、ドルコスト平均法による積極的な運用をする一方、含み益が生じている時に、さらに利益を拡大させようとしない

市販のFXの本やYouTubeの動画などでも様々な人が伝えているだめなやり方なのですが、中々、直すのが難しいものです。

ちなみに、自分は直す考えは持ち合わせおらず、どうしたらもっとこの特徴を自分にとって活かせるのか考えるタイプの人間です。

めんどうな話は置いておきまして、まずは、結果がすべてであるのは確かですが、長く続けていくことを考慮しますと、長く続けて結果を出し続けていけるFXトレードを心がけておく必要があることは改めて感じます。

来週の月曜日からまたスタートしていきますが、自分がどの部分を修正すれば良いのか明確になるのは、いいことです!

筆者の勝手な感想ですが、トレードの考察をブログを書きながらしっかりとできるので、にわかトレーダーのコツコツFXブログを始めてよかったと素直に思っています。

2019年12月20日のトレード履歴と考察

上記画像が、2019年12月20日のトレード履歴になります。(クリックまたはタップで画像拡大できます)

水色は「売り=ショート」でのエントリー、オレンジは、「買い=ロング」でのエントリーを表しています。

なお、今回のFXトレード履歴には、黄緑も追加されておりますが、こちらは、昨日のにわかトレーダーのコツコツFXブログでお伝えしました、ドル/円の残った5つのポジションとなります。

これらのポジションがどのように決済されたのかを含めて、2019年12月20日におけるFXトレードの考察をしていきます。

ドル/円 5つの悪ポジの行方

上記トレード履歴の下から順に決済がなされた形となりますが、5つの悪ポジは以下のようになりました。

1つ目の悪ポジ:ドル/円のナンピンにより退治=損失600円、利益650円、相殺利益50円

2つ目の悪ポジ:ポンド/円の利益と相殺=損失530円、利益775円 相殺利益245円

3つ目の悪ポジ:ロールオーバーによる含み益発生=利益30円、スワップ10円、決済利益40円

4つ目の悪ポジ:ドル/円のナンピンにより退治=損失240円、利益355円、スワップ10円、決済利益125円

5つ目の悪ポジ:ポンド/円の利益と相殺=損失455円、利益470円、スワップ10円、決済利益25円

悪いポジションを解消しながら小さな利益を上げていることに変わりはありませんが、利益を得るための効率が悪いことも確かです。

しっかりとしたポジション取りが、大きな利益と利益効率につながることを感じ取ることができました。

来週はトレードの仕方をちょっと変えてみよう!

根拠をしっかりと持った「ポンド/円」のエントリー

昨日のドル/円の悪ポジを利益と相殺して、いわばポジション掃除をした日であり、大きな利益を得ることができない日でした。

筆者の場合、よくあるのですが、子供を保育園に迎えに行く時間ですとか、保育園から帰ってくるまでの間に「思い描いた良い機会を逃す」なんてこともよくあります。(注文の仕方を変えれば済むだけの話ですけど、自分の目でチャートを確かめないと納得できないめんどくさい性格のたちでして・・)

この日は、子供を迎えにいく直前に、自分が思い描いていた「ポンド/円」のレートが142.443円を上抜けしたため、ポンド/円の買いでエントリーして時間をかけて成長させることにしました。

上記画像は、2019年12月20日のポンド/円の1時間足のチャートになります。

17時36分にエントリーしたポジション(142.477円)は、順調に伸び続けていたものの、20時代に急落、21時代も合わせて含み損の時間が続きます。

含み益が含み損に変わる感じ、いつも気持ちが萎える。

2時間かけて育てたお金が・・・って考えるのが、FXで負ける人の特徴だそうです。(本や動画いわく)

ちなみに、22時代に再び含み益が発生し、23時29分に142.688円で決済、211pips=1,055円の利益。

なお、決済理由としては、本日のFXトレード終了したいなあという気持ちや悪ポジとの相殺で小さな利益でしたので、1本ちょっと多めの利益を確定しておこうくらいの軽い気持ちでした。

今週の結果を通じて来週のFXトレードに活かすべきこと

にわかトレーダーのコツコツFXブログの1週目が終了しました。

コツコツ利益を上げることはもちろんですが、来週は、lot数を少し上げて、要所のポイントをもっと絞ったエントリーをしていきたいと考えています。

また、クリスマスや年末ということで、あまり無理をしないトレードを心がけるようにしていきたいとも思います。

では、来週のにわかトレーダーのコツコツFXブログでまたお会いしましょう。

にわかトレーダーのコツコツFXブログ 2019年12月23日


スポンサーリンク
スポンサーリンク