トップページ > 日記 > 投資信託から「自己責任」と「自助努力」を再確認した話
投資信託から「自己責任」と「自助努力」を再確認した話
日記

最近、様々な書籍に目を通していて常々感じていることがあるのですが、最近のトレンドというべきなのか、「脳みそにも汗をかく」といったフレーズをよく目にするようになった気がします。

ずっと以前から言われ続けてきたことではありますが、「自己責任」と「自助努力」で個人の資産形成をしていかなければならない時代の中で「NISA」が始まり「確定拠出年金」が広く注目され、今度は「積み立てNISA」が平成30年1月から始まることになっています。

政府の個人任せみたいな政策に不満を持ちつつも、一昔前のように、退職金と公的年金だけで老後生活を生涯送っていくことはよいでない時代になっていることをFPとして、とてもひしひしと感じています。

実のところ、本ブログでこの内容を綴ろうと思ったきっかけは、投資信託における資産形成についての定期執筆をやらせてもらっていることがあったのですが、できる限り、投資初心者でも理解しやすく分かりやすい内容を納品するために、私自身も執筆の傍ら勉強をさせてもらっている中で、これからの資産形成を考えていく上で、少しでも多くの皆さんにこの事実を伝えることができればといった想いからでした。

あらかじめ語弊の無いように申し添えておきたいと思いますが、当事務所では投資信託や保険といった金融商品の販売を含めた取り扱いはしておらず、当事務所における相談業務のPRといった目的もありません。

ただ、こんな時代の中からの、これからの将来も明るい兆しがなかなか見えそうで見えない中で、投資信託に限らず「自己責任」と「自助努力」で資産運用と資産形成を両立させていかなければならないことを、もっと多くの皆さんに知ってもらう必要性はあると本当に思っています。

私自身が、自分の業を通じて「脳みそに汗をかいた経験」の中で、資産運用と資産形成につきましては、広く多くの皆さんが危機意識を持った上でこれから「脳みそに汗をかかなければならない」とも思います。

たとえば、最も分かりやすい例として、1ヶ月に余ったお金をすべて貯蓄に回すのではなく、その内のほんの一部を投資に回すことで、「自分のお金にお金を稼いできてもらう流れ」を作ってみることを強くおすすめしたいと思っています。

先に紹介しましたように、「積み立てNISA」が平成30年1月より始まりますが、投資信託を毎月一定金額もしくは一定数量を購入する積立投資(積立投信)は、前述した資産運用と資産形成には向いている方法であると考えられ、無理なく余ったお金の範囲で始められるだけでなく、長期的な資産形成がしやすい投資方法です。

また、積み立てNISAは、保有している投資信託を売却した際に、売却益にかかる税金につきましても20年間という長期間において一定金額が非課税扱いとなるため、利用の仕方を賢く工夫することで、子どもの教育費や住宅購入にかかる頭金といったことにも有効に充てられるものと考えられます。

もちろん、積立投資(積立投信)は、老後の生活資金対策としての側面も併せ持っていることを踏まえますと、利用の仕方は実に多種多様であることが分かります。

本ブログでの「脳みそのウォーミングアップはこれで終わり」です。

将来の資産運用と資産形成に興味のある方は、引き続き、脳みそに汗をかくために色々と調べていただき自助努力されてみることをおすすめ致します。


スポンサーリンク
スポンサーリンク