トップページ > 日記 > 【2021年7月15日】にわかFXトレーダーのズボラ日足デイトレード
【2021年7月15日】にわかFXトレーダーのズボラ日足デイトレード
日記

おはようございます。

現在、令和3年(2021年)7月15日木曜日の7時07分を回りました。

佐藤 元宣
佐藤 元宣
にわかFXトレーダーの佐藤元宣です。
ズボラだけど、シンプルな日足デイトレードブログを綴っていきます。

取引lotは、最低lot数(1lot=0.1lot)となっています。

昨日は、本ブログ用と致しまして、根拠を持ったポジションエントリーができないことからトレードを行わないことを公言させていただきました。

本日は、「この通貨ペアでエントリー!」という、どちらかと言えば、個人的に強い根拠と言いましょうか、期待値が高いのでは?と思える通貨ペアを見つけることができましたので、そちらも含めて本日のブログを開始していきます。

 

本日(2021年7月15日)は、NZD/CAD(ニュージーランドドル/カナダドル)で売りエントリー

本日(2021年7月15日)は、NZD/CAD(ニュージーランドドル/カナダドル)で売りエントリーを「すでに行い」、かつ、ブログ用ではない私個人のトレードとしても同様のポジションを持ちました。

個人用のlotは、多めにエントリーしており、ブログ用とは異なります。

NZD/CAD(ニュージーランドドル/カナダドル):7:21(成行注文)売りエントリー、1lot(0.1lot)、時間指定決済なし

いつもでしたら、時間指定注文と時間指定決済注文の両方を入れるのですが、今回は、1日時間をかけてじっくりとポジションを成長させたいこと、個人的には期待値が高いと思えたことから、成行注文によるポジションエントリーを行わせていただき、早めのブログ発信、公開としております。

佐藤 元宣
佐藤 元宣
いつもと注文方法が違いますが、私の中ではチャンスを逃したくないといった思いがあったとご理解いただければと思っています。

仮に、負けトレードになったとしても納得できますし、個人的なポジションも同様に持ったことを考慮していただきますと、それなりの強い根拠があると思っていただけるのではないでしょうか?

【参考】ブログ用ではありませんが、昨日行った個人的なスイングトレード結果を紹介

こちらはブログ用ではなく、昨日、個人的に行ったスイングトレードの結果となるのですが、参考までに1つご紹介しておきます。

ZAR/JPY(南アフリカランド/日本円):16:03(成行注文)買いエントリー、100lot、翌日(7月15日)7時20分(成行決済)

獲得pips:7.0pips 売買損益:7,000円 スワップポイント(3日分)270円 合計:7,270円

 

 

 

水曜日は基本的にスワップポイントが多く付与される特徴を活かすことも

FX会社による違いは多少なりともあるのですが、基本的に水曜日から木曜日にポジションを持ち越し(ロールオーバー)することで、3日分程度のスワップポイントが付与されることが一般的です。

そのため、今回スイングトレードを行った、南アフリカランドのような高金利通貨は、いつもよりも多くのスワップポイントを得られるメリットもあり、ケース・バイ・ケースではございますが、この特徴を活かすことで簡単に利益を得られる場合があります。

また、デイトレードに固執するよりも、スイングトレードで時間をかけてポジションを成長させる考えを持つことも必要だと思います。

本日決済したランドのポジションは、もう1日持ち越しても含み益が上乗せになる期待も十分あると考えましたが、それ以上に期待が持てるものが見つかったため、切り替えをした次第です。

人によっては、切り替えずに伸ばせ!という人もおられますが、あくまでも自己責任・自己判断でございますから、自分の考えに素直にしたがったまでだとご理解いただければと思います。

佐藤 元宣
佐藤 元宣
2021年(令和3年)7月のズボラ日足デイトレード
3勝3敗 -203.1pips
▲2,088円

【2021年7月16日】にわかFXトレーダーのズボラ日足デイトレード


スポンサーリンク
スポンサーリンク