トップページ > 日記 > 【2021年7月14日】にわかFXトレーダーのズボラ日足デイトレード
【2021年7月14日】にわかFXトレーダーのズボラ日足デイトレード
日記

おはようございます。

現在、令和3年(2021年)7月14日水曜日の8時51分を回りました。

佐藤 元宣
佐藤 元宣
にわかFXトレーダーの佐藤元宣です。
ズボラだけど、シンプルな日足デイトレードブログを綴っていきます。

取引lotは、最低lot数(1lot=0.1lot)となっています。

昨日は、ドル/円に時間指定注文と時間指定決済注文を入れましたが、結果はいかに・・・。

 

昨日(2021年7月13日)のFXズボラ日足デイトレード結果

はじめに、昨日エントリー予約したポジションについて、結果を公開します。

USD/JPY(米ドル/日本円):16:00(時間指定注文)売りエントリー、1lot(0.1lot)、翌日(7月14日)0時00分(時間指定決済)

 

7月13日16時に時間指定注文したUSD/JPY(米ドル/日本円)の売りポジションは、翌日(7月14日)0時00分(時間指定決済)され、結果は6.4pips(64円)のプラスで終了しました。

佐藤 元宣
佐藤 元宣
2021年(令和3年)7月のズボラ日足デイトレード
3勝3敗 -203.1pips
▲2,088円

ロンドン時間で大きく含み益を伸ばし、ニューヨーク時間で一気に失速

時間指定決済を終えた後に、チャートを確認したところ、ロンドン時間で大きく含み益を伸ばすことになったものの、ニューヨーク時間で一気に失速することが原因で少々の利益確定という結果になりました。

時間指定決済を活用したズボラ日足デイトレードでありますから、致し方のないことですが、良いところで決済をしようとしますと、定期的にチャートを見て確認する必要がどうしてもあります。

これが、毎日の生活リズムに影響を与えてしまいますと、長い目で見た時、決して良いこととはいえないと思います。

割り切りと機械的にトレードを行うといった目的があるため、FXトレードを生業としている人からしますと、絶対にありえないトレード方法だと思える一方で、私も含め、働きながら副業感覚で行っている人にとってみますと、身体的・精神的な負担を避けられる方法だと感じています。

本日(2021年7月14日)は、いったん様子見をします

本日(2021年7月14日)は、自分なりの根拠をもったポジションエントリーができる通貨ペアを見つけることができませんでした。

そのため、ブログ用でのポジションエントリーは、いったん様子見をします。

ただし、本日(2021年7月14日)の11時より「ニュージーランドの政策金利が発表される」ため、一時的にニュージーランドドル関係の通貨ペアは大きな値動きをすることが予測され、かつ、少なくとも4時間程度は、大きく値動きした方向へそのまま突き進んでいくものと予測しています。

このような理由から、11時に「ニュージーランドの政策金利が発表された後」に、値動きと方向性を確認し、強めのポジションエントリーを行うことで大きく利益を取れれば・・・と思っています。

こちらの結果は、ブログ用ではないため、公開することはございませんが、自分にとってポジションをエントリーする根拠を見いだせない場合は、いったん様子見をすることがとても大切だと思います。

なぜならば、無駄にポジションを打たずに、無駄に損失をするのを避けられるからです。

損失をするのであれば、根拠をもって、納得した上で損失を被った方が納得できるのではないでしょうか?

佐藤 元宣
佐藤 元宣
また明日のブログで

【2021年7月15日】にわかFXトレーダーのズボラ日足デイトレード


スポンサーリンク
スポンサーリンク