トップページ > 日記 > 【2021年7月12日】にわかFXトレーダーのズボラ日足デイトレード
【2021年7月12日】にわかFXトレーダーのズボラ日足デイトレード
日記

おはようございます。

現在、令和3年(2021年)7月12日月曜日の9時58分を回りました。

佐藤 元宣
佐藤 元宣
にわかFXトレーダーの佐藤元宣です。
ズボラだけど、シンプルな日足デイトレードブログを綴っていきます。

前の週では、思ったような結果を得ることはできませんでしたが、本日のFXズボラ日足トレードは、以下の内容でエントリー予約をしました。

 

本日(2021年7月12日)のFXズボラ日足デイトレード

はじめに、本日エントリー予約したポジションについて公開します。

EUR/JPY(ユーロ/日本円):15:00(時間指定注文)買いエントリー、1lot(0.1lot)、翌日(7月13日)0時00分(時間指定決済)

前の週では、時間指定注文のエントリー時間を16時に設定しておりましたが、本日は15時に設定しました。

この理由には、大きく2つありまして、4時間足および1時間足で見た時、下げの兆しが見られたため、これらが上昇すると思われる時間帯に合わせてポジションエントリーをしたいと思ったことが1つ目の理由としてあげられます。

2つ目の理由は、絶対に真似をしてはならない理由です。

それは、午後から本業の相談予約が入っており、チャートを見て判断することができないためです。

このような個人的な理由でポジションエントリーを行い、利益を上げようなんてふざけたことはしないようにしなければなりません。

私としましては、それをわかった上で、「検証材料を取得するためのもの」と割り切って行っているため、認容しているのですが、個人的な都合でFXはやらないように心がけておきたいものです。

佐藤 元宣
佐藤 元宣
2021年(令和3年)7月のズボラ日足デイトレード
1勝3敗 -222.4pips
▲2,281円

デイトレードに縛られないことも視野に・・・

前の週は、4日間で、222.4pips、2,281円のマイナス結果となっておりますが、金曜日にトレードを休んで色々と考えたことがあります。

それは、デイトレードに縛る必要性と縛られないことも視野に入れておくことです。

為替相場の方向性が合っているのにも関わらず、たまたま調整時期にポジションエントリーがなされますと、短期的に見ると「逆張り」の形になってしまいます。

FXは、パチンコやパチスロと異なり、店の営業時間というものは関係しないわけであり、時間をかけてじっくり成長させたり、機をまったりすることができるわけでありますから、そこの強みをしっかりと活かすことが有利に働くよね!・・・って改めて思えました。

本日のエントリー予約は、あくまでも前の週に引き続いて同じやり方ですが、検証を重ねながら、調整していきたいと考えています。

要は、2日や3日程度かけて行うスイングトレードも適宜、視野に入れて行う柔軟な考えも必要ですよねってことです。

【2021年7月13日】にわかFXトレーダーのズボラ日足デイトレード


スポンサーリンク
スポンサーリンク