トップページ > 日記 > FX初心者にありがちな失敗例を筆者の失敗談と共に紹介【にわかトレーダーのコツコツFXブログ】
FX初心者にありがちな失敗例を筆者の失敗談と共に紹介【にわかトレーダーのコツコツFXブログ】
日記

今回のにわかトレーダーのコツコツFXブログでは、FX初心者にありがちな失敗例について、筆者が実際にFXトレードで失敗した際の失敗談と共に幅広く紹介していきます。

はじめに、FXトレードで失敗することは、FXをしているすべての人が必ず体験する道のりであるのは確かです。

そのため、FXで失敗することを恐れたり、FXでの失敗をいつまでも悲観することは、将来的にご自身のトレードスキルを向上させていくために望ましいこととは言えません。

また、FXトレードの失敗は、FX初心者に限ったことではなく、プロの専業トレーダー、副業トレーダー、主婦トレーダーなど、立場が違えどFXトレードを行っている以上、必ず発生してしまうリスクがあることも最初から念頭においておく必要があります。

ただし、その一方で、プロの専業トレーダーとFX初心者では、同じ失敗でも大きく異なるところが必ずあります。

そこで、今回のにわかトレーダーのコツコツFXブログでは、前述した内容のほか、FX初心者にありがちな失敗例について、筆者が実際にFXトレードで失敗した際の失敗談なども含めて幅広く紹介していきます。

そもそも【FXで失敗する】とは、どのようなことなのか

突然なのですが、そもそも【FXで失敗する】とは、ユーザーの皆さんにとってどのようなことを言うのでしょうか?

仮に、筆者であれば、「エントリーしていたポジションを決済して損失を確定した場合」や「為替市場の大暴騰や大暴落などによって自動的に強制ロスカットになった場合」などは、FX口座の預託証拠金が減少することからFXで失敗したと考えるかもしれません。

ここで【考えるかもしれない】という表現をしたのは、仮に、前述した内容が本当にFXで失敗するということであれば、これらは「ご自身の資金管理やトレードの仕方をしっかりと行うこと」で十分解決できるはずだと筆者は考えているからです。

つまり、【FXで失敗すること】とは、FXトレードをする人それぞれによって感じ方や考え方が異なるため、単に損失を被ったり大きな含み損を抱えたりしている状態が失敗するとは言い切れないのではないか?と思っています。

FX初心者にありがちな失敗例を筆者の失敗談と共に紹介

前項では、筆者が考えている【FXで失敗する】とはどのようなことなのか、私自身の見解を紹介させていただきました。

とはいえ、ユーザーの皆さまの中には、筆者の考えとは異なり、損失を確定させたり負けトレードを繰り返すことで損失を重ねてしまうことを【FXで失敗する】と考えておられる皆さまも多いと思います。

そこで本項では、FX初心者にありがちなこれらの失敗例について、ポジションのエントリーから決済までの流れに沿って筆者の失敗談と共に紹介していきます。

預託証拠金に対して無理なトレードをする

FX初心者の多くは、初めてポジションのエントリーをする際、最小lot(1lotまたは0.1lot)でリアルトレードを行う人が多いことと思います。(最小lot単位が1,000通貨のFX会社の場合)

この時、いずれも1円単位で値動きがなされることから、FX初心者の人の中には、「たったこれしかお金が増えないの?」ですとか「あっという間に煙草代稼げた」など、様々な感想をお持ちになることが予測されます。

筆者は、初めてリアルトレードをする際、たった1円単位であるのにも関わらず、マウスに置いた指がピクピク震えた記憶があります。

とはいえ、そんな経験も、ある程度慣れてしまいますと、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ように、「より短時間で大きな利益を得たい」ですとか、「より大きな利益を毎日取りたい」というように心情が変化することが予測されます。

これは、お金に対する欲目が勝ってしまい、ご自身のFXのトレードルールやトレードスキルが確立できていないまま、lot数を増加させ、結果として、預託証拠金に対して無理なトレードをする原因になります。

最初は、たまたま成功したとしても、数をこなす毎に、利益よりも損失の方が多くなっており、気づけば、結果として預託証拠金を大きく減らしてしまっていたということが、おそらくFX初心者の大半が経験する道のりだと筆者は思っています。

言うまでもなく、当然、私も一通り経験済です。

損切り出来ずに損大利小のトレードを繰り返す

前項で紹介した「預託証拠金に対して無理なトレード」をしますと、仮に、ご自身が抱えた大きな含み損に対して損切りが行えなくなるようになります。

この理由は、前項でもお伝えしましたように「お金に対する欲目」が勝ってしまっており、大きなlotを投じて利益が生じれば即決済、含み損になれば含み益になるまで待つといった自己都合のトレードになってしまうためです。

つまり、損失を補填するため利益は小さく確定させ、損切り出来ずに結果として大きな含み損を抱え、耐えられず損切り。

結果として、損大利小のトレードを繰り返すことになり、さらに、預託証拠金を大きく減らしてしまう原因になってしまいます。

正に「負のスパイラル」ってやつであり、できることならば、この時点で一旦、冷静なトレード判断をするための思考に切り替えられるように心がけておきたいものです。(為替市場は、自分本位の都合で動いているものではないほか、自己都合で利益を簡単に得られたら誰も苦労しない)

言うまでもなく、当然、私も一通り経験済です。

確定した損失をどうにかして取り戻そうとする

「負のスパイラル」に陥ってしまいますと、いわゆる「ポジポジ病」を発症し、さらに、預託証拠金を大きく減らしてしまいます。

自分本位のトレードでエントリーの根拠がないトレード、または、期待値が低いトレード、買いでエントリーすると下がり、売りでエントリーすると上がるといった往復ビンタの繰り返し。

確定した損失をどうにかして取り戻すどころか、損失をこれでもかというだけ広げる散々な結果になることが予測されます。

言うまでもなく、当然、私も一通り経験済です。

短い時間軸のチャートしか見ない

FX初心者の中には、1分足や5分足など短い時間軸のチャートのみを見てトレードをする人も多いと思います。

たとえば、オシレーターの代表格の1つである「MACD」において、ゴールデンクロスになりそうだから「買い」、デッドクロスになりそうだから「売り」ですとか、RSIやストキャスティクスで「買われ過ぎだから売り」「売られ過ぎだから買い」など、単純にエントリー判断を行い、FXって簡単に稼げると最初は思った人も決して少なくないと思います。

しかしながら、短い時間軸ほど、「ダマシ」が発生することによって、思ったように値動きせず、やはり、結果として「大きな含み損に耐えられず、大きな損失を確定させたことがある」人も多いのではないでしょうか?

率直に、「木を見て森を見ず」や「井の中の蛙大海を知らず」といった状態で、FXで成功するのは困難だと筆者は心底感じています。

特に、デイトレード・スイングトレード・ポジショントレードといった長い時間をかけたトレードを行う場合、「4時間足」「日足」「週足」「月足」など、長い時間軸のチャートを見て為替相場の全体的な流れや方向性をしっかりと把握しておくことが大切になるわけです。

そして、言うまでもなく、当然、私も一通り経験済です。

損切設定(逆指値)を行わない

損切設定(逆指値)を行うことは、通常、ご自身が定めた価格(レート)に達すると損失が確定してしまいます。

そのため、損をしたくないと考える多くの人の心理に強く抵抗されるものであり、損切りはどうしても行いにくいものです。

筆者もFX初心者の頃は、損切設定(逆指値)を行わないという暴挙をしていた時期もありましたが、この結果、招いたのは「強制ロスカット」です。

FX会社によって強制ロスカットの基準はそれぞれ異なるものの、強制ロスカットをされることによって、結果として損切りをするよりも多くの損失が確定してしまいます。

たとえば、大規模な地震がいつ発生するのか誰にも詳細にわからないように、為替市場では、いつどのような大暴騰・大暴落が起こるかわかりません。

しかしながら、このような不測の事態から預託証拠金を守るのも損切設定(逆指値)の大切な役割であり、合わせて、失敗したトレードを再度やり直すための手段が損切設定(逆指値)とも言えます。

実のところ、損切設定(逆指値)は、損失を確定させるだけではなく、すでに生じている「含み益」を利益に確定させる役割としての活用の方法もあり、ケース・バイ・ケースで有効活用できるものでもあります。

そのため、ポジションのエントリーをする際は、少なくとも損切設定(逆指値)は必ず設定するようにしておくことを強くおすすめします。

FXで成功するための失敗は【必然】であることも理解しておこう

ここまでFX初心者にありがちな失敗例を筆者の失敗談と共に紹介させていただきましたが、ご自身にもあてはまる複数の失敗例があったのではないでしょうか?

とはいえ、筆者個人としては、自分が体験した失敗は、あくまでもFXで成功するための経験や勉強であり、1つの過程に過ぎないと考えています。

「失敗は成功の基」と言われますように、FXに限らず、何事も最初から上手くできる人なんていないですよね?

中には、才能ですとか運でたまたま成功が続いたですとか、そのような方もおられるかもしれませんが、長い期間に渡って安定した利益を上げ続けるには、失敗という道は必然であると思います。

むしろFX初心者の内に失敗することの方が望ましく、最も恐ろしいのは、勘違いしたままどこまでも成功し続ける場合です。

おそらくこのような人は、いつかどこかでご自身の財産を大きく減らしたり、資金管理ができないことによって、最悪、破産や破滅といった道をたどるかもしれません。

FXにおいて、再起不能になる退場だけは絶対に避ける必要があり、多くの失敗を通じて今から学んでおく必要があると言えるのではないでしょうか?

FXで絶対に失敗しないトレード方法はないと理解しておこう

FX初心者の内は、何度も失敗を繰り返すことによって、FXで絶対に失敗しないトレード方法はないものなのか考えることがあると思います。

いわゆる「聖杯探し」とも呼ばれますが、FXで絶対に失敗しないトレード方法(聖杯)はありません。

ただし、自分に合ったFXのトレード手法を見つけ、どのようにしたら利益を上げやすく、損失を避けやすくなるのかといった「自分だけの聖杯」をFXの失敗経験から得ることはできます。

そのためには、失敗を重ねてもFXと長く継続して向き合っていくことが大切であり、途中退場をする人(FXを止める人)は、残念ながら手にすることができないものであることを確実に理解しておく必要があります。

また、人の聖杯を手に入れようなんて考える【負け思考の人】も中にはおられますが、自分だけの聖杯というのは、自分には合っているけれども、他人に合うとは限らない特別な財産であることも合わせて理解しておく必要があるとも言えるでしょう。

おわりに【プロの専業トレーダーとFX初心者では、同じ失敗でも大きく異なるところが必ずある】

今回のにわかトレーダーのコツコツFXブログでは、FX初心者にありがちな失敗例について、筆者が実際にFXトレードで失敗した際の失敗談と共に幅広く紹介させていただきました。

おそらくプロの専業トレーダーや勝ち組のトレーダーをはじめ、億トレーダーと呼ばれる人たちもFX初心者の頃は数多くの失敗を繰り返し、今に至っていることと思われます。

また、プロの専業トレーダーや勝ち組のトレーダーをはじめ、億トレーダーと呼ばれる人たちは、どのようにしたら失敗をしにくくなるのかといった自分ルールが確立されており、そのルールに従ったトレードを淡々と繰り返している点が、FX初心者が失敗する点と大きく異なる部分と言えます。

ちなみに、筆者は、まだまだ駆け出しのにわかFXトレーダーですが、少なくとも失敗を失敗と悲観することはなく、将来的に自分が思い描いたように成功していくための1つの過程であると前向きに考えています。

最後に、FX初心者の人やいつまで経ってもご自身が思い描いているようなトレードや結果を残せない人は、本ブログを1つのきっかけにいま一度、ご自身の失敗や改善点を振り返ってみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク
スポンサーリンク