トップページ > 日記 > 老後資金2,000万円や3,000万円の準備は本当に必要?広い視野でお金のことを考えてみたという話
老後資金2,000万円や3,000万円の準備は本当に必要?広い視野でお金のことを考えてみたという話
日記

金融庁が将来の老後資金について2,000万円足りないといったことを謳ったことによって、多くの方々は、老後資金についてこれまで以上に関心を持ち、政府は金融庁が公表した内容について誤っているとの見解を示しています。

老後資金が2,000万円や3,000万円足りないといった話は、かなり以前から多くの書籍などでも謳われているのを私自身も目にしてきましたが、1人の独立系FPという立場で言わせていただくとすれば、必ずしもそうとは言い切れないことが多々あると感じています。

ただし、その一方で、若い内から時間を上手に活用した将来の備えは本当に必要なことだと思っており、要は、自分たちが将来のお金をどのようにして生み出していくのか、現段階から考え、行動に移すことが何よりも重要なことだと私は思っています。

あなたにとって、老後資金2,000万円や3,000万円の準備は本当に必要ですか?

将来の老後資金について2,000万円や3,000万円という多額のお金が足りないと言われた時、そもそも、これを見た皆さんがどのように感じるのか?がとても大切なことです。

たとえば、私自身の考え方を紹介しますが、私にとって、老後資金2,000万円や3,000万円というお金は必要ありませんし、このような大金を準備する予定もありません。

この理由として、私は独立系FPという職業で、いわば自営業者であるため、基本的に会社員や公務員などの給与所得者と違って退職や定年といったものがないからです。

つまり、公的年金が原則として支給開始となる65歳以降も仕事を続けていくことができ、かつ、年金以上の収入を得ることができる見込みが立っているため、2,000万円や3,000万円といったお金を準備しておく必要なんて無いと考えているわけです。

私の場合は、公的年金を受け取りながら、事業の収入を得ることになるため、老後生活資金が困るといったことは基本的に考えにくいという理由から、世間で騒がれていることに対して何ら難しく考えていないのです。

会社員や公務員は、広い視野でお金のことを考えるべき

ここまでの部分を読み進めますと、お前のことじゃん・・・って声が聞こえてきそうですが、まず、自分自身のお金の考え方を伝えさせていただき、1つ大きな声で言っておきたいことは、「老後までに」といった期間に縛られてお金を準備しようとする考え方が間違っているんじゃないの??ってことを言いたいのです。

もう一度、私の老後資金の考え方を振り返っていただきたいのですが、私の場合は、公的年金と事業収入という2つの収入源があるから、多額の老後生活資金を準備する必要はないと言っているのです。

つまり、会社員や公務員であった人も同じ考え方を持つとするならば、公的年金のほかにも、別の収入源を今から考え、模索しておくことが大切なんじゃないの??ってことです。

たとえば、退職後もアルバイトなどで働いて収入を得る考え方もありますし、投資や投機といった収入の増やし方もあるでしょうし、ちょっとした事業をするなんて方法もあるでしょう。

要は、自分にあった収入源を探しておくことも1つのお金の考え方なのではないでしょうか?

老後資金2,000万円や3,000万円が足りないという試算について知ろう

老後資金について2,000万円や3,000万円という多額のお金が足りないという試算結果が金融庁から公表されましたが、これを読みますと、この試算の方法が「単純な掛け算」になっており、はっきり言ってしまえば、あまりにもお粗末で雑な試算結果と言わざるを得ません。

また、総務省が公開している家計調査の統計データを基に試算しており、現状のように夫婦共働き世帯が専業主婦世帯よりも多い中で、統計値が現実に即したものではないほか、たとえば、秋田県のように全国に比べて小さな都道府県に住んでいる方々にとってみますと、統計値と実際のお金の金額に「乖離が著しくある」といったことも大きな問題であるほか、消費金額(支出金額)が異常に高すぎており、年齢を重ねたとしても同額の試算になっていることも大きな問題だと当事務所では考えています。

さらに付け加えて言いますと、総務省の家計調査のモデルパターンが1つしかなく、様々な世帯に合わせたものになっていないことも大きな問題であり、とても採用できるようなものではありません。

結局、何が言いたいのか

老後資金2,000万円や3,000万円を準備するということは、老後生活に向けたお金を現役世代の時からストック(貯蓄)するといった考え方になります。

仮に、老後資金2,000万円や3,000万円といったお金が必要だった時、今からストックするための対策を講じることも1つの方法ですが、これだけが方法なのではなく、公的年金に加えて、別の収入源を見つけておき、2本柱・3本柱でお金が入ってくるような対策を考え、模索する方法もあるでしょ?ってことを言いたいのです。

キャッシュフローというお金の出入りを考慮しますと、まとまったお金を取り崩すという考え方が2,000万円などの多額のお金を準備する方法である一方、別の収入源を見つけるのは、貯蓄をしないにしても、常に必要なお金が流入することになりますので、1つの方法に凝り固まる必要なんてないのではないでしょうか?

おわりに

政府が出している統計データを見ますと、私のように小さな都道府県で独立系FPを事業として行い、相談者の懐具合と比較した時、全体的に乖離率が半端ないことをものすごく実感します。

これは、そもそも統計データを取るためのサンプルにも問題があり、たとえば、首都圏を中心とした統計データの結果を全国平均の結果としてしまいますと、言うまでもなく、大きな乖離が生じます。

将来のお金について考え、対策を取らないことは一番の問題である一方、世の中の話に惑わされず、自分たちを中心に将来の全体像をしっかりと考えておくことが大切だと言えます。

あなたは、どのような方法で、自分の豊かな人生を過ごしますか??

世間を騒がせている老後資金のお話が出てきたことを1つのきっかけに、一度、じっくり考えておきたいものですね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク