トップページ > 日記 > 予想を外さない!?平成29年度の国民年金保険料の納付書が届いた
予想を外さない!?平成29年度の国民年金保険料の納付書が届いた
日記

平成29年4月4日の更新となりますが、4月より新年度が始まったこともあり、早速、本日、日本年金機構より平成29年度の国民年金保険料の納付書が郵送で送られてきました。

巷では、毎年の国民年金保険料は増加し将来受け取る国民年金額は減額されるという多くの皆さんの予想を裏切らない結果となり、本日、当事務所のブログのネタにさせていただきました。

平成29年度の国民年金保険料は、1ヶ月あたり「16,490円」で平成28年度の16,260円から1ヶ月あたり230円の負担増となりました。

一方、20歳から60歳まで40年間すべて国民年金保険料を納めた場合に支給される国民年金額は、平成28年度「780,100円」から平成29年度「779,300円」となり、1年間で800円の減額となりました。

金額そのものを見ますと大したことがないように思えてしまえますが、これが何十年という月日を経過した時にどのようになるのかを予測すると率直なところ「楽観的」な考えを持つことができないのは、おそらく私だけではないと思います。

まして私は自営業者でありますので、厚生年金保険に加入していないからこそ、こつこつ何かしらの方法で老後の資金を稼ぐ対策を施さなくてはなりません。

正直なところ、厚生年金保険に加入している会社員の皆さまも楽観的になるのは、ちょっと危険な香りがすると私が個人的な主観で感じておりまして、やはり確定拠出年金や投資など自助努力で解決していかなければならないとも思います。

ちょっと悲観的なお話になってしまいましたが、今できることは、人それぞれでありますから、小さくともこつこつ何かを始めてみるのが良いかもしれません。

私は、社会保障は薄くても自分の頑張りで稼ぐことができる自営業者ですから、あえてそこに強みがあると思ってもくもくと働くようにしています。

当然、自分へのご褒美も絶対忘れないわけで、そんなことを考えながらやる仕事はとても充実しているとも思います。

夢は大きく、目標は高く、我が人生に一片の悔いを残さないラオウのように、人に流されないゴーイングマイウェイの雲のジュウザのような生き方をしたいものだと改めて感じます。

ラオウ・ジュウザがわからない方は、北斗の拳で検索してみて下さい。


スポンサーリンク
スポンサーリンク