トップページ > 日記 > 椛島健一さんの実況が聞きたくて【ボートレース児島】~初心者だから単勝1号艇100円のみ~
椛島健一さんの実況が聞きたくて【ボートレース児島】~初心者だから単勝1号艇100円のみ~
日記

競馬・競艇・競輪といった公営ギャンブルをやらない私ですが、たまたまYouTubeにて、椛島健一さんのボートレース実況を見る機会がありました。

私は、それを初めて見て、椛島健一さんの実況を聞き、一言で「理由もなく惹かれてしまい虜」になってしまいました。

これは、私だけではなく、多くの人も虜になっているようでして、以下、引用となりますが、まずは、価格.COMが公開しているテレビ紹介情報より椛島健一さんに関連する情報を紹介します。

クセが強すぎる!スポーツ界の異端児ランキング。第3位は「ボートレースの名物実況、一度聞くとクセになる!情熱的な低音ボイス」。ボートレースファンなら知らない人はいない名物実況アナウンサーがいる。その人物は、年間2000レースもの実況を担当する椛島健一さん。ボートレースの一般的なアナウンサーの実況といえば、冷静に聞き取りやすくお客さんにレースの状況を伝えるのが一般的。でもファンを魅了する椛島さんのボートレース実況は、唯一無二の情熱的な低音ボイス。一度聞くとクセになる。

出典:価格.COM テレビ紹介情報 「椛島健一」に関連する情報 スポーツ映像ココ見てランキングより引用

紹介情報にもありますように、情熱的な低音ボイスに加え、レースが荒れたときの実況が聞いてて虜(クセ)になります。

佐藤 元宣
佐藤 元宣
椛島健一さんが気になる人は、YouTubeなどで検索して実況を視聴してみたら良いと思います!

椛島健一さんの実況が聞きたくてボートレースのネット投票手続きを完了

YouTubeなどで、椛島健一さんの実況をいつでも視聴することができることは確かです。

しかしながら、ボートレースを見ながらリアルタイムで実況を見聞きしたくて、ボートレースのネット投票ができる手続きをしてしまいました。

佐藤 元宣
佐藤 元宣
かみさんに「のめり込むなよ!」って言われましたよ・・・。

実際の手続きは、昨日(令和3年12月27日)行いましたが、簡単に早くできました。

私は、ボートレース素人ですから全くわかりませんが、椛島健一さんは、児島ボートレースの実況をしているようでして、昨日は児島ボートレースが開催されておりませんでした。

ただ、ネット投票を試してみたくて、とりあえず昨日はいくつかのレースへお金を投じてみました。

ボートレースは【1号艇】が1着になる確率が高い・・・らしいことを知る

払い戻しになるオッズは基本的に低いものの、ボートレースは、1号艇が1着になる確率が高い・・・らしいことを知りました。

具体的には、インコースを走る1号艇が1着になる確率は、平均50%程度あるようでして、初心者、かつ、統計・確率を気にする私としては、単に1号艇を単勝で買い続けてみたらどうなのか?と感じました。

初心者で、選手も条件も有利も不利も全くわからないわけですから、機械的に馬鹿の一つ覚えでやってみよう(試してみよう)と思い、早速実行してみました。

佐藤 元宣
佐藤 元宣
馬鹿の一つ覚えはどのような結果をもたらすのか?
次項で結果を紹介します。

ボートレース児島(令和3年12月28日)全12レースへ単勝1号艇100円のみ投票した結果

ボートレース児島(令和3年12月28日)全12レースへ単勝1号艇100円のみ投票した結果は、以下の通りです。

競艇場 レース 勝式 組番 購入金額 的中の有無 払戻金額
児島 1R 単勝 1号艇 100円 的中 130円
2R ×  
3R ×  
4R 的中 220円
5R ×  
6R 的中 110円
7R ×  
8R ×  
9R 的中 120円
10R 的中 110円
11R 的中 140円
12R 的中 130円

全12レースへ単勝1号艇に100円のみ投票した結果、1号艇が1着になった的中レースは、12レース中、7レースで、的中率は58.33%でした。

的中率だけを見ますと、比較的高い確率であったと思います。

その一方で、損益結果を見ますと、総購入金額1,200円に対する払戻金額の合計は960円で、240円のマイナス(収益率は80%)でした。

試行回数は12回と少ないため、投資判断を決定するには時期尚早なところもあると思われますが、今回のような投じ方はあまり良い方法とはいえないと言い切れそうです。

なぜならば、今回の場合、損益分岐点の利益額は1,200円ですから、的中率が極めて低かったとしても、この金額を超えるような利益を得る必要があるからです。

利益が数十円で、損失が100円ですと、「損大利少」となり、私が継続して行っているFXトレードで避けなければならない考え方と同じであるとも言い切れます。

たったさっき知ったひらめき!明日は【複勝】で試してみる

公営ギャンブルをやらない初心者、ド素人の私ですから、さまざまな投票のしかたなんてさっぱりわかりません。

ただ、「複勝」という、単純に的中確率が3分の1という投票のしかたがあることを知りまして、明日は複勝を活用した投票を試してみようと思っています。

単勝6分の1、複勝3分の1、1号艇の払い戻しはいずれも少ないわけですから、いろいろ考えたり調べたりして試してみます。

それではまた明日。


スポンサーリンク
スポンサーリンク