トップページ > 日記 > 秋田県のFPが身に染みて感じた住宅建築のアドバイス
秋田県のFPが身に染みて感じた住宅建築のアドバイス
日記

ファイナンシャルプランナー家を買うといったブログを昨年から投稿させていただいておりますが、住宅検討期間が2年目を迎え、私が現時点において身に染みて感じていることをご紹介していきたいと思います。同じ境遇の皆さまは、きっと納得できる内容であると考えますが、これから住宅建築を検討している世帯の皆さまには、是非、参考にしていただければと思います。

 

希望の土地はめぐり合い!タイミングや予算が合わないことを覚悟すべし

788a15cd99a73a7dc38aeab41bef1633_s

住宅建築する際に、自分たちが住宅を建築したい場所が必ずあります。たまたま運がよく希望の場所に予算内で土地が見当たれば良いのですが、人気の地域やそもそも坪単価の高い地域においては、土地そのものが無かったり予算の折り合いがつかないことがあります。

 

住宅の建てられる制限も地域によって異なりますので、首都圏などでよく見られる3階建てや地下といったものも秋田県ではあまり見られることはありません。自分が希望している場所は「ライバルが多いと覚悟すべし」「土地の価格と需要は比例していると考えるべし」

 

不動産業者はまちまち

8d044b711703c9a06cd7e37163af89f9_s

フリーペーパーが定期的にポスティングされ、住宅建築を希望している多くの方はほとんど目をとおしていると思われますが、実に不動産業者の数が多いことに気付きます。保険代理店やコンビニ、歯医者なども多いと感じておりますが、個人的には秋田の不動産業者も飽和状態なのではないかと思っています。

 

これらの中から1つを選択決定するわけですから、実に大変で多くの時間と労力を消費してしまいます。ブログにはアップしていないほどたくさんの業者を見て回りましたが、2年目でやっと複数社に絞れた感じがあります。

 

もちろんこれも人それぞれで不動産業者もまちまちですが、良い業者、悪い業者、好きな業者、嫌いな業者など場数を踏むほど肌で感じることができます。個人的な見解になってしまいますので、どのような業者が悪いかなどは差し控えたいと思いますが、自分が良いと感じた業者が最も良い業者であるのは間違いないでしょう。

 

住宅建築は年単位でじっくり時間をかけるべし

0e1e2beafa33c989c3417d9d43010c3f_s

私は住宅建築の検討において2年目に突入しておりますが、ここだけは本当に時間をかけて間違いなかったと思っています。皆さんもすでにご存知のように、来年4月には消費税が8%から10%へ引き上げられますし、昨年の10月からは、火災保険の長期加入ができなくなり、現行では10年間が最長です。

 

しかしながら、これらに代えることができないものがあります。それは、資金計画と不動産業者選びです。資金計画につきましては、自身の生業ですから何ら問題はありませんが、不動産業者選びは時間をかけて吟味することを強くおすすめしたいと考えております。

 

私自身が実際に体験したことなのですが、火災保険が長期で掛けられなくなる前に、それが理由で早く住宅を決めたらといったニュアンスのセールスをされたことがありました。はっきりいってナンセンスであり、とても感じの悪い表現ですが誰に言っているの?と本気で思いました。もちろん選択肢から外れたことは言うまでもありません。

 

チラシを見ても消費税が増税するから急いでのような煽りが最近目立つようになってきており、筆者個人の見解ですが、こちらも実にナンセンスだと思います。たかがこんな理由で煽られ、後々返済できなくなりましたってことになったら不動産業者は責任を取ってくれるのでしょうか?聞くまでもないですね。

 

住宅ローンは融資が通ったことを安堵するのではなく、実際に返済していけるかどうかが最も大切なのです。だからこそ資金計画と不動産業者選びは年単位で時間をかけて行なうべきだと私は思うわけです。

 

おわりに

c69745ecc302737146b3d85a1ffac97d_s

秋田県のFPである筆者が持論を述べるブログになってしまいましたが、一応、専門家だからこそ伝えている内容について響いてくれた方もいるのではないでしょうか?といいますか、そう信じたいものです。

 

住宅ローンといった借入は結局最終的には自己責任になりますので、家を建てるのも失うのもすべて自分次第です。家を建てる前からすでにこの運命は決まっていると私は思いますが皆さんはいかがでしょうか?

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク