トップページ > お得な豆知識 > 追記!FPが解説!適切な税負担をするために知っておくべきこと
追記!FPが解説!適切な税負担をするために知っておくべきこと
お得な豆知識

平成28年10月19日のヤフーニュースに「19歳~22歳扶養控除、縮小検討 給付型奨学金の財源に」というタイトルの記事が掲載され、目を通しましたが、昨日公開した「FPが解説!適切な税負担をするために知っておくべき5つのこと」に関連すると判断したため、本日、急遽、追記の記事を作成させていただきました。

本記事では、前記事で触れなかった「扶養控除」と「秋田県の給付型奨学金」について解説していきます。

扶養控除

c12e08d783342eb8ccf29a7d3f97a6a1_s

扶養控除は、子どもや両親など配偶者以外の家族と生計を同じにして扶養している場合に適用され、「一般扶養」「特定扶養」「老人扶養」などに分けられる特徴があります。

今回のニュースになった「特定扶養」は特に厚みのある扶養控除で「19歳から22歳まで」のいわゆる大学生世代を扶養している場合において、多くかかる教育費の代わりに税制面で優遇するという目的で定められている扶養控除になります。

たとえば、年収が400万円の会社員が18歳の高校生(一般扶養)を扶養している場合と19歳の大学生(特定扶養)を扶養している場合の年間の税負担の違いは、所得税12,700円、住民税18,500円、合計31,200円の負担の差が生じることになり、いかに優遇されているかが実感できるのではないでしょうか?

今回のニュースは、この優遇幅を縮小して、将来制定されるかもしれない「給付型奨学金」に充てようという話になっているものです。

とはいえ、地方創生と言われる時代で、それぞれの自治体が努力をしている中、私たちが住んでいる秋田県では、すでに給付型奨学金制度を始めています。

秋田県の給付型奨学金制度(奨学金返還助成制度)

01dfbbad5529a99bad97423289e59dd8_s

子どもの教育費は、人生の三大支出の1つであり、多くの親御さんが頭を悩ませる大きな問題です。

給付型奨学金は、大学費用などの奨学金が給付されるものであるため、本来、就職して返済しなければならないものを助成される仕組みとなっているため、適用できるのであれば、当然に適用するべきものです。

私たちが住んでいる秋田県では、この給付型奨学金について以下のようなパンフレッドを発行しております。

img1

img_0002

秋田県の給付型奨学金の詳細につきましては、秋田県企画振興部人口問題対策課へ直接問い合わせるか、当事務所へお問い合わせくださればと思います。

おもな特徴として、大学等を卒業後、秋田県で就職することが条件となりますが、実は秋田県の給付型奨学金は、他県に比べて優遇されている点が多いのです。

それに付け加え、秋田県が指定する未来創生分の業種に就職した場合、全額奨学金が助成される仕組みとなっています。

この奨学金のお話は、2016.AKITAライフセミナーでも毎回説明しており、本年12月に下半期として以下の日程で開催されます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

秋田県出身の大学生は、ぜひ足を運んでいただきたいと思っております。

まとめ

475fd150f1f084191596dbe77f61fb62_s

税金や教育費など、家計にかかるお金の悩みはつきものです。

あれもこれも考え過ぎてしまうことは、せっかくの人生を楽しく過ごすことができなくなってしまうため、要所をしっかりと押さえながら豊かな人生を送りたいものです。

そのためには、使える制度は利用し、自分に必要ある制度を1つでも多く知っておく必要があるのではないでしょうか?


スポンサーリンク
スポンサーリンク