トップページ > 子育て・教育 > これから教育ローンの借入を検討している方向け!日本政策金融公庫が取り扱っている国の教育ローンのポイント
これから教育ローンの借入を検討している方向け!日本政策金融公庫が取り扱っている国の教育ローンのポイント
子育て・教育

教育ローンは、おもに子どもが高校や大学などに進学する際に足りない教育費用の補填として活用されるもので、長い期間に渡って返済していかなければならない借金のことをいいます。

実のところ、教育ローンは、日本政策金融公庫が取り扱っている国の教育ローンと銀行や信用金庫など民間金融機関が取り扱っている民間の教育ローンの2つに大きくわけられる特徴があるのですが、本記事では、これから教育ローンの借入を検討している方向けの情報として、日本政策金融公庫が取り扱っている国の教育ローンのポイントについて、押さえておきたいポイントをざっくりまとめて紹介していきます。

国の教育ローンは、すべての方が借入できるわけではない

日本政策金融公庫が取り扱っている国の教育ローンは、長い期間に渡って返済していかなければならない借金にあたり、まずは、日本政策金融公庫が行う教育ローンの審査に通過することができなければ希望の借入をすることができません。

以下、金融機関を問わず、教育ローンの審査に通過する上で必要な最低限の条件としてあげられるものをざっくり箇条書きで紹介しておきます。

 

  • 安定した収入があること
  • 金融事故履歴が無いこと
  • 返済負担が重くなっていないこと
  • 勤続年数の実績がある程度長いこと

 

上記に加えて、正社員や正職員など、勤務先における待遇も考慮されることが一般的ですが、基本的にこれらの条件をすべて満たしていなければ教育ローンの借入をするのは難しいとまずは心得ておく必要があります。

なお、筆者のような自営業者などの場合におきましても上記の条件は当然に適用されるほか、基本的に黒字(所得がある)でなければ、安定した収入があると見られませんので注意が必要です。

国の教育ローンは、世帯収入も借入の可否に関係する

国の教育ローンを借入するには、先に紹介した条件に加えて、家族構成における世帯収入などによって、そもそも申し込みの可否が変わる特徴があるため、この点はしっかりと押さえておきたいポイントといえます。

出典 日本政策金融公庫 ご利用条件 ご利用いただける方(世帯年収(所得)の上限額について)より引用

なお、母子家庭・父子家庭・交通遺児遺族・世帯年収が極端に低い場合などにおかれましては、金利が優遇されたり、保証料が優遇される特徴もあるのですが、こちらにつきましては、後々の情報公開で触れることとしまして本記事で触れませんのであしからず。

教育ローンは、借入目的が定められている

教育ローンは、国の教育ローンや民間の教育ローンに関わらず、借入目的が定められている特徴があり、いわゆるお金の使い道が融資する側の意図と一致していない場合は、借入をすることはできません。

出典 日本政策金融公庫 ご利用条件 お使いみちより引用

教育ローンの使い道につきましては、教育ローンを取り扱っている金融機関で必ず明示しておりますので、事前に確認しておくことが大切です。

なお、教育ローンは、学校納付金だけに限らず、幅広い用途に活用できるため、利便性が高い特徴があるほか、日本政策金融公庫の国の教育ローンの場合は、「今後1年間に必要となる費用が融資の対象」となっていることがわかります。

つまり、仮に、初年度100万円が必要な教育資金であったとすれば、100万円までが借入上限となります。

そして、2年目に再度100万円が必要な場合は、また2年目に100万円を借入するといったイメージとなり、必要な教育資金をまとめて一括で融資してもらえるわけではありません。

この点は、国の教育ローンと民間の教育ローンの違いの1つとも言えるほか、国の教育ローンの借入上限は、民間の教育ローンに比べて少ない特徴もあります。

国の教育ローンは、借入上限金額がいくらに設定されている?

教育ローンは、基本的に借入上限金額が設定されているのですが、日本政策金融公庫が取り扱っている国の教育ローンの場合は、以下のように、借入上限金額が設定されています。

Q1-2 「国の教育ローン」は最大いくらまで利用できるのですか。

「教育一般貸付」はお子さまお一人につき350万円(外国の短大・大学・大学院に6ヵ月以上在籍する資金なら450万円)までです。ただし、今後1年間に必要となる費用のみが対象となりますので、2年目以降に必要となる費用につきましては、あらためて、もう一度お申込みいただくことになります。 また、お子さまお一人につき350万円まででしたら、残高があっても、350万円から差引いた残りの金額まではお申込みいただくことができます。例えば、 今年250万円ご利用いただいた後、毎月ご返済されて来年お申込みいただくときに残高が230万円となっている場合は、350万円から230万円を差引いた 120万円までお申込みいただくことができます。

出典 日本政策金融公庫 よくあるご質問 1. 制度の概要に関することより引用

国の教育ローンは、子ども1人につき350万円までの融資上限となっており、留学が絡む場合は450万円までであることがわかります。

ポイントは、子ども1人につきでありますから、1人目の子どもと2人目の子どもが立て続けに進学したとしても、それぞれ350万円の借入上限となり、合算して350万円までとはならない点に注意が必要です。

こちらは言うまでもありませんが、仮に、教育ローンを借入することができたとしても、滞ることなく完済できなければ何も意味がありませんから、返済シミュレーションや返済計画をしっかりと立てた上で借入することが重要となってきます。

国の教育ローンは、固定金利のみ

一般に、教育ローンに適用される金利には、変動金利と固定金利といった2つの金利があるのですが、国の教育ローンは、固定金利のみとなります。

通常、固定金利の方が変動金利よりも金利が高めな特徴があるのですが、国の教育ローンに適用される固定金利は、実のところ、民間の教育ローンの変動金利や固定金利よりも年利率が低い特徴があります。

そのため、教育ローンの借入を検討している方にとってみますと、無駄なロスを避ける意味におきましても、まずは、国の教育ローンについて知っておく必要がどうしてもあると当事務所では感じています。

おわりに

日本政策金融公庫が取り扱っている国の教育ローンについて、大まかなポイントをざっくり紹介しました。

教育ローンは、基本的に長い期間に渡って返済していかなければならない借金であることから、計画的な資金計画はもちろん、返済計画や借入計画といった先の展望を考えた借入をすることが大切になります。

このようなことから、次回は、返済シミュレーションを活用した教育ローンの返済計画の立て方について、ざっくり紹介していきたいと思います。

https://www.sato-fp.com/child-rearing/borrowing-the-education-loan-after-making-a-repayment-plan-making-use-of-repayment-simulation-a-bit-of-introduction/


スポンサーリンク
スポンサーリンク